VirtualBoxのWinとMac OS Xでデータのやりとり

Mac OS X版のVirtualBoxが、遂に正式版になりました。(かなり前の事だけど
バージョンは1.6.0です。
正式版になったけれども、Mac OS X(ホストOS)のフォルダをゲストOS(ここではWindowsを使う)との間で共有する機能は、まだ正しく動作しない‥‥
仮想マシンでもUSBに対応するようになったから、USBメモリを使えば克服できるけれども‥‥
この記事では、私がMac OS XとVirtualBoxのWindowsとの間で非常に簡単にファイルを共有している方法を紹介します。
まずは、Mac OS Xの「ディスクユーティリティ」で仮想フロッピー用のイメージを作成します。
VBox FDイメージの作成
ディスクイメージを作る手法で、設定を…
・フォーマット形式:FAT
・ボリュームサイズ:1.44MB(カスタムで設定)
・イメージフォーマット:読み出し/書き込みディスクイメージ
この条件を設定し、ディスクイメージを作成します。これが仮想FD用のイメージになります。
次に、このディスクイメージをMac OS Xでマウントします。VirtualBoxのWindowsで使いたいファイルを、Finderを使ってディスクイメージに書き込んでください。
ディスクイメージを1つ作っておけば、以後は何度でも使う事が出来ます。その時はファイルを書き換えるだけで済みます。
VirtualBoxの仮想マシンの設定で、仮想フロッピーを設定します。
イメージは、上記で作った物を指定してください。
更に、起動デバイスの順序からフロッピーを除外してください。(これは重要!
起動順序が「FD→CD/DVD→HDD」のように設定したままだと、OSが起動しません。
そして、VirtualBoxのWindowsを起動し「マイ コンピュータ」から「3.5 インチ FD」を開くと‥‥
VBox 仮想FDでデータのやりとり
Mac OS XのFinderで、ディスクイメージに保存した物がWindowsからアクセスできるようになっています。
Mac OS Xから新しいファイルをゲストOSに読み込みたくなった場合は、Finderからディスクイメージへファイルを追加してください。そして、仮想マシン側では仮想フロッピーを1回アンマウント、そして再びマウントしてください。(仮想マシンの再起動は不要)
この方法なら、USBメモリなどを介さずに済みます。非常に楽です。
仮想マシンのOSがWindows以外でも、この方法は使えるのではないかと思います。

私はMac OS Xから仮想マシン(VirtualBox)でWindowsを使う機会が多くなったので、もうそろそろParallels DesktopやVMware Fusionの購入を検討しても良いかも‥‥と、最近思い始めました。

Leopardの再インストール

私が利用している某SNSのスペースで書いた物の転載です。
先々週の木曜日(8日)に、Mac OS X 10.5 Leopard(以下、Leopard)の再インストールをしました。
最近、Safariが不安定になってフリーズすることがよくあったり、内蔵HDD(Macintosh HD)のデスクトップにあるアイコンが何故か、外付けのTime Machine用HDDのアイコンと同じになったりと、Leopardが不安定になりつつあることを感じていました。
「システム用の内蔵HDDを一旦フォーマットして、Leopardを1からインストール」のクリーンインストールでした。私のLeopardは、前バージョンのMac OS X 10.4 Tigerからアップグレードインストールしたものでした。
8日は、大学から家に帰ったのが夕方5時頃‥‥
家に着いて、私の部屋のMacを起動させる。Time Machineのバックアップを、最新の状態にする。これはすぐに終わった。
LeopardのインストールDVDからMacを起動する。
インストールDVDのディスクユーティリティで、何も入ってない外付けHDDに内蔵HDDのコピーを丸ごと取る。(後述のTime Machineで環境を復旧出来なかった場合の措置)
内蔵HDDのコピーが終わったのは、午後8時。
Leopardをクリーンインストール。
Leopardインストールが8時半過ぎに終了。オープニングムービーを見る。
初めてのLeopardのインストールはアップグレードインストールだったから、Leopardのオープニングムービーを私の環境で正しく観るのは初めてだった。

Leopard オープニングムービー

Time Machine用外付けHDDに取ってあるバックアップから、クリーンインストール後のLeopardに「アプリケーション、ホームフォルダの内容、メール、各種設定、その他いろいろ‥‥」を復元する。
OS標準の機能でTime Machineから再インストール前の環境を復元してくれる。
環境復元終了。そしてLeopardのソフトウェア・アップデートをインターネット経由で行う。
Leopard再インストール前と何ら変わらずに、私のアカウントにログイン。
Leopardは非常に安定な動作になったけれども、昔からの各種設定・データ・環境はそのまま。
この時点では午後10時。
Leopardの再インストール・Macの環境復元に半日も掛からなかった。
ここまでのことを簡単に言うと‥‥(何が言いたいのかというと)
Time Machineでは、1時間毎に内蔵HDDのバックアップを外付けHDDに取っています。
OSの再インストール時には、そのバックアップから環境を復元できるんです。
私の場合、Windowsをメインに使っていたときの「Windowsの再インストール・環境復元」には丸2日程掛かっていました。
Macでは、面倒な再インストール・環境復元に半日も掛からない。
家に帰ってから、お風呂に入るまでの時間で終わっちゃう。
と、いうことです。
最近は、これに感動しました。
私のMacは今、非常に安定して動作をしています。
ちなみに、環境を復元するためには、内蔵HDDをそっくりそのままコピーした外付けHDDからでも可能です。だから一番最初に、何も入ってない外付けHDDに内蔵HDDのコピーを丸ごと取りました。

Mac OS XでNTFSを読み書き

Windows XP, Vistaなど(NT系のWindows)で使われている、HDDのフォーマット形式「NTFS」。
Mac OS Xでは、NTFS形式への書き込みが出来ません。読み込みのみが可能です。
ちなみに、FAT32形式は標準で読み書きがサポートされています。
フリーのソフトをインストールする事によって、Mac OS XでもNTFS形式への読み書きが可能になります。
「MacFuse」
「NTFS-3G」
上記に記載した2つのソフトをインストールして、Mac OS Xを再起動すると、NTFS形式への読み書きがMac OS Xから出来るようになります。

NTFS USB40GBハードディスクのアイコン
情報を見ると「NTFSフォーマット」と表示される

上のスクリーンショットは、手持ちの40GB外付けHDDをMacに接続した時の物です。
情報を見ると、NTFS形式のHDDということが分かります。読み書きも可能です。
これを利用すれば、Mac OS XからBoot CampのWindows XP, VistaがインストールしてあるNTFSの領域への読み書きがスムーズに出来ます。
Boot CampでWindowsを利用している方で、Mac OS XからでもWindowsの領域にストレス無くアクセスできるように、Windowsの領域をFAT32形式に設定していらっしゃる方は沢山いると思います。
ですが、セキュリティ面や安定性では、FAT32形式よりもNTFS形式に軍配が上がります。この2つのソフトを使う事によって、それを解消することができると思います。
ちなみに私はBoot Campを使っていないので、Boot CampのNTFS形式の件に関しては未検証です。
私は1GB以上の容量があるUSBメモリをNTFS形式で利用しています。
また、上のスクリーンショットのようにNTFS形式でフォーマットした外付けHDDがあります。
これらがMac OS Xでスムーズに使えるようになったことは、非常に便利なので重宝しています。

VAIO type B 内蔵HDD交換

多忙により、このブログの更新頻度が大幅に落ちています。
2008-05-06-01.jpg
昨日は、友人と秋葉原に行きました。
私のノート形コンピュータはWindows PCです。SONYのVAIO type Bを使っています。
購入したのは2005年3月。当時、CTOで内蔵HDDは40GBを選びました。
最近になって、システム領域(Cドライブ)の空き領域が少なくなりつつありました。
なので、昨日は160GBの2.5インチHDDを買ってきました。
私にとっては初めての2.5インチHDD単体での購入でした。
HDD交換の感想と、VAIO type Bのベンチマークについてを書きたいと思います。
旧 40GB HDD
購入時に内蔵されていたHDDは富士通のMHT2040ATです。
VAIO type Bは本体底面手前にある、HDDのマウンタを簡単に取り出す事ができます。
新 160GB HDD
新しく購入したHDDは日立のHTS541616J9AT00です。
マウンタにHDDを取り付けて、HDDを取り付けたマウンタを本体に戻します。
Windows XPの新しいHDDへの復元は、40GBのHDDに保存されている環境復元用の領域から作成した、リカバリDVDを使いました。
私のVAIO type B スペック
VAIO type B
[OS]Microsoft Windows XP Professional SP2
[CPU]Intel Pentium M 1.6GHz
[MEMORY]SO-DIMM DDR333 PC2700 512MB(オンボード)+増設512MB
[HDD]160GB (HGST HTS541616J9AT00)
ベンチマーク
VAIO type B HDD交換前ベンチマーク
上は、昨年7月に512MBのメモリを増設したときに計測したベンチマークの結果です。
VAIO type B HDD交換後ベンチマーク
そしてこれが、HDD交換後のベンチマークです。
新しいHDDは、垂直磁気記録方式ということもあってか、体感速度が非常に早く感じます。
HDD交換前(40GB)のWindows XPが起動するのに掛かる時間は、
1分28秒
HDD交換後(160GB)のWindows XPが起動するのに掛かる時間は、
1分6秒
でした。携帯電話のストップウォッチ機能で「電源ON?ログイン・通知領域のアイコンが全て出揃って起動完了」の区間を計測しました。
このノートパソコン、性能面では今でも十分満足できる性能です。
HDDを交換する事により、1つだけの不満・容量不足を解消する事ができました。
Windows XPのService Pack 2がリリースされた後に登場したパソコンならば、このようなハードウェアの交換や増設で、今後あと数年は十分快適に使う事ができるのではないかと思います。