古い自作機に地デジキャプチャボードを取り付けてみた。

僕のPentium 4 Northwood 2.6CGHzのCPUでVistaを動かしている自作PC
BUFFALO DT-H50/PCI
そのPCに、バッファローの地上波デジタルテレビ放送用のキャプチャボード「DT-H50/PCI」を取り付けました。
拡張ボードが満杯
上からグラフィックボード、シールドボード、サウンドカード、DT-H50/PCI、地アナキャプチャボード、FireWireボード。もうスロットが満杯。
CPUを交換するのにマザーボードを新しくすることになったら、FireWireポートを積んでるタイプじゃないとダメだね。
端子部
DT-H50/PCIには家電のテレビやレコーダーと同じように、B-CASカードが必要。
もっと奥まで挿せるようになってれば良いのに。ちょっとカードが出っ張り過ぎです。
SP画質でなんとか見られる
僕の環境ではPCが古いのと、PC・ディスプレイがHDCP・COPPに非対応なせいで、SP・LPモードでの視聴・録画しかできません。だから地アナを見るのと解像度が変わらない。
でも、地アナとは違ってノイズが載らないから、映像はキレイに感じます。
うちは、CATVから流れてきた電波でテレビを見ているんだけど、地アナの時には見られなかった群馬テレビ、TOKYO MX、テレビ神奈川が地デジでは見られるようになりました。ちょっと嬉しい。
視聴時の負荷
視聴時の負荷は↑こんな感じです。SP画質で見ています。
最初は、SP画質でも不安だったけれど、視聴ソフト「PCastTV for 地デジ」以外に大きいアプリケーションを使わない限り、CPUの使用率が50%を超えないので安心しました。
録画に関しては、試し終わっていません。今、iMacの隣で試しに予約録画をさせているけれど、CPUの負荷は10%以下に収まってます。
現状では地アナの解像度と同じ状態で地デジを見るしかない(高解像度で見たい)から、PCの性能アップをしたい。性能をアップしても、PCが対応しただけではダメで、ディスプレイも替えないといけないんだよね。面倒くさいなぁ。
次はMacBookが欲しいと思ってたから、自作PCは現状のままで我慢しようかな?
古い僕の自作PCで、低解像度だけれどもスムーズに地デジ視聴環境を実現することは出来ちゃったから‥‥

鉄道博物館に行ってきた

今日は、県内にある(僕は埼玉県在住)「鉄道博物館」に行ってきた。
0系 どアップ
ものすごくアップで撮った新幹線0系電車。
お土産
椅子の上にあるものは、今日買ってきたお土産。
背もたれの部分にあるのは、E231系に連結されてるグリーン車のシートの生地で作られてるクッション。
ちなみに座面にあるクッションは、5年前に買った。E231系普通席の生地で作られてるクッション。
今日から、家でE231系の普通席・グリーン席の生地を楽しめるようになったw
あとは、VAIO type Bに貼り付けてある「架線注意」のステッカーを買ってきた。
最近はVAIO type Bに愛着が湧いてきたので、貼り付けてみた。なかなか良いかも。

Windows VistaのSP1適用済みDVDを作った

Windows Vista Ultimate DVD
Pentium 4 Northwood 2.6CGHzの自作PCで動いている僕のWindows Vista
インストールしてから何ヶ月も経ったけど、動作は非常に安定してます。
けれども、いざという時のOSの再インストールを考えた時に便利なので、先日にリリースされたService Pack 1を適用済みのWindows Vista UltimateのインストールDVDを作りました。
使ったソフトは「vLite」というフリーソフト。
使い方については「vLiteメモ」というWebサイトが分かりやすいのでリンクを張っておく事にします。
作ったDVDにはレーベルを印刷して、SP1が適用済みということが分かりやすくしました。

DashboardのWidgetをデスクトップに常に表示する

このブログのアクセス解析を見ると、「ダッシュボード ウィジェット 常に表示」といった検索ワードでアクセスをしてくださる方が時々いらっしゃいます。
なので、私の環境でMac OS Xのダッシュボードにあるウィジェットを、デスクトップに常に表示することを試してみました。
ウィジェットをデスクトップに常に表示をすることは、フリーソフトを使えば可能になります。
使うソフトは「DashMenu」というソフトです。
DashMenu メニューバーのメニュー
内蔵HDのアプリケーションフォルダにDashMenuのプログラム本体を入れて、起動します。
起動すると、メニューバーにアイコンが追加されます。それをクリックすると、ダッシュボードに表示されているウィジェットの一覧が表示されるので、デスクトップに表示したいウィジェットをメニューから選びます。
すると、デスクトップに指定したウィジェットが現れます。
DashMenuのメニューから、DashMenuをMac OS Xのログイン後にスタートさせるように設定する事もできます。
これを使えばMac OS Xを起動するたびに、好きなウィジェットをデスクトップに表示させることができます。(デスクトップに表示するウィジェットをDashMenuで予め選んでおく必要がある)
DashMenuを使わなくても、ターミナルでコマンドを入力することでも実現可能です。
詳細はこちら(ASCII.jp-Mac/iPod)です。