Windows 7 RC x64を試してみた

3月末に組み立てたAMD Athlon X2の自作パソコンで、
Windows 7 RCの64bit版を試してみました。
Windows VistaがインストールしてあるHDDのパーティションを変更し、Windows 7 RCをインストールしました。

Win7 x64 RC システム情報

メモリは合計で8GBを積んでいます。このパソコンで普段使っているWindows Vistaの32bit版では全てのメモリ容量を使うことができません。
Windows 7 RC 64bit版では、ビデオ用に使われる部分を除いて7.5GBの容量を使うことができました。今までに使ったことのない大容量なメモリの領域に感動しました。
このパソコンでは、Windows Vista 32bit版を起動するのに1分半ほど掛かります。
(OSブート→デスクトップ表示まで)
Windows 7 RC 64bit版は、30秒程度で起動が完了してしまいます。
起動後はWindows Vistaよりもレスポンスが非常に良い印象を受けました。
Windows 7の正式版が発売されたら是非、発売直後に購入して使ってみたいです。
地上波デジタルテレビのチューナー「BUFFALO DT-H50/PCI」と地上波アナログテレビのチューナー「I-O DATA GV-MVP/RX2」は、Windows 7 RC 64bit版にインストールすることができるドライバが無いので、使うことができませんでした。(XP・Vistaの64bit版向けのドライバも勿論ないので試せない)
8GBのメモリを積んでいて、CPUはAthlon X2の64bit CPUを使っているので、正式版のWindows 7は64bit版を選びたいです。ですが、ハード面での対応を考えると、32bit版を選ぶしかないような気がします。
GV-MVP/RX2は手持ちの他のパソコンに移し替えて使うことができますが、DT-H50/PCIは、手持ちの環境ではこのパソコンでしか使うことができません。
DT-H50/PCIは1年前に登場した新しいハードウェアで現在も発売中の製品なので、64bit版OS向けのドライバが配布されたらいいなと思います。
ソフトウェアは、僕がWindowsで使っているスクリーンショットを保存するフリーソフト「KIOKU」を動かしてみました。このソフトは「WOW64」で動作しました。
「GIMP」(フォトレタッチソフト)と「Inkscape」(ドローソフト)も試しました。
GIMPは、64bit版が配布されていたので、それを使ってみたところ、きちんと動作しました。
InkscapeはWOW64できちんと動作しました。

タスクマネージャー/GIMP・Inkscape・KIOKU

Windows Vista 32bit版からWindows 7の64bit版への移行は、ソフト面よりもハード面で悩まされることになりそうです。

Athlon X2 自作機のメモリ増設

今月4日(月)みどりの日に、秋葉原へ行きました。
それから、もう2週間が経とうとしてますね。記事の更新が相変わらず疎かなままです‥‥
改善していきたいと思います。
最近になって、現在主流のDDR2規格メモリの価格が僅かに上がりはじめているそうです。
今後の主流になりつつあるDDR3規格のメモリは、価格が下がりはじめているそうです。

2GB x2 メモリセット

なので、3月末に組み立てたAthlon X2の自作パソコンのメモリを4GBから8GBにすることにしたので、2GBのDDR2800規格のメモリが2つ入っているものを買いました。
Athlon X2と一緒に買ったメモリのセットと同じものです。

メモリスロット満タン

マザーボードは4GB4枚で合計16GBのメモリ容量に対応しているようなのですが、このマザーボードを使っている間に16GBまでメモリの増設をすることはないだろうと思います。
今回買ったメモリで、2GB x4の合計8GBとなりました。

RAMディスク

このパソコンでは、32bit版のWindows Vistaを使っていて、OSは3GB程度しかメモリを認識しません。グラフィックス用メモリに512MBの容量を割り当てているので、OSが使えるメモリの容量は、実際は3GB未満になっています。
OSが認識できないメモリの領域を、RAMディスクとしてみました。
使ったツールは「Gavotte Ramdisk」という無料のものです。
最初、RAMディスクをOSの仮想メモリ領域として使おうと考えていました。
けれども、スリープや休止モードに移行したときに不具合が生じてしまうことに気づきました。
(休止モードの場合、メモリの電源が切れると仮想メモリの内容が消えてしまう。メインメモリの内容はHDDに退避されるから問題が無い。)
Webブラウザのキャッシュを保存しておく場所としてのRAMディスクの使用方法があります。
しかし、最近はブロードバンド回線でWebページが素早く開ける時代です。
ダウンロードしたデータのキャッシュを保存しておいても、大した意味はないとの意見を聞いたことがあります。
僕はキャッシュを使わないようにInternet Explorerの設定を変えてあります。(ブラウザ終了時にキャッシュを自動的に削除するようにしている)
なので、キャッシュの保存場所としても使わない‥‥
今は、とりあえずAdobe Photoshop Elements 5.0の仮想メモリ置き場として使っています。Phtoshop Elementsの起動が速くなりました。
8GBのメモリ容量が本当に役立つのは、このパソコンに64bit OSを導入する日になりそうです。
今回のメモリ増設は64bit OSへの準備という感じでした。
バッファローの地デジチューナー(DT-H50/PCI)が64bit OSに対応するようになって、Windows 7が発売されたときにはWindows VistaからWindows 7の64bit版へ乗り換えてみたいです。

Read more Athlon X2 自作機のメモリ増設