ブログのタイトルを変更しました

突然ですが、ブログのタイトルを変更しました。ビビッ!!と、「これはいい!」というタイトルを思いついたので。

新しいタイトルは

「林檎で作ろう楽しもう」
りんごでつくろうたのしもう

前のタイトルは、『…の世界』というフレーズを入れるように考えた、単純なものでした。“りんごづかいのせかい”、「せかい」だけでは、単純すぎる気がして“新”をつけることにしました。それで「林檎使いの新世界」となりました。
「林檎」というのは、私が米アップル社のMacやiPhone、iPodなどを好んで使っている理由からつけたものです。

今回のタイトルには「作ろう」、「楽しもう」というフレーズを入れました。
「作ろう」という言葉では、私の今の趣味である写真やムービー、プログラミングのことを指しています。
「楽しもう」という言葉では、音楽や映像などの様々な作品(DVDなどのビデオやテレビ) を鑑賞することを指しています。

写真の加工はPhotoshop Elements、ムービー編集はiMovieやFinal Cut Express、3DCGはShade、プログラミングはXcode。私のやっている、これらの作業は全てMac(林檎)での作業です。
iTunesでの音楽やビデオ鑑賞、YouTube、ニコニコ動画も、Mac(林檎)で楽しんでいます。(テレビだけはWindowsです)

Windowsも、私は好んで使っていますが、このブログで扱うネタはほとんどがアップル関連のものですからね…

「私はMac(林檎)を好んで使い、Mac(林檎)で色々な作品を作ったり、色々なコンテンツを楽しんだりしている。これからもそうしていこう…」という気持ちを込めて、今回の新しいタイトル「林檎で作ろう楽しもう」を思いつきました。

まだ始めたばかりで特徴的なものが少ないブログですが、これからも、「林檎で作ろう楽しもう」を宜しくお願いします。

私のパソコン・ネットワークの図

上の図は、私が写真やムービーを扱ったり、プログラミングをしたり、音楽やビデオを再生したり、テレビを見たりするための環境(短く言うとパソコンなのですが)のネットワークを表した図です。

この図は、OpenOffice.orgのDrawで描きました。スイスイと図を描くことができるDraw、気に入りました。

これらのパソコンでは、相互に各ストレージに格納してある必要なデータに対して相互にアクセスできるようにしてあります。 Mac OS XやWindowsの機能を使えば、簡単にこんなことができてしまいます。
iTunesのライブラリは、持ち運べるように別のHDDに分けています。自宅ではiMac、外ではMacBookでiTunesという感じに。

私が使っているMac OS XやWindows、そしてiTunesの共有機能の説明を本当はこの下に書きたかったのですが、 ものすごく長い説明になってしまいそうなので、その詳細については後日、複数に分けて書くことにします。

自分の気持ちと経験を記録する方法

私の「自分の気持ちと経験を記録する方法」を紹介します。

上の写真は…

  • 手帳
  • iPhone
  • ノート

です。私の色々な記録をするための必需品たちです。

私は考え事を四六時中しています。考え事だけで1日が終わってしまう時もある…(あまりよくない)
その考え事の中で「やってみたい」「こうやって動くとうまくいきそう」といった感じに、実践してみようというアイディアが浮かびます。

良いアイディアが浮かんだ後に、更に考え事をすると…前に思い浮かんだ「良いアイディア」のことを忘れてしまいます。

そこで上の写真のような必需品が出てきます。

時間を守らなければいけないスケジュールは、iPhoneに入っている標準のカレンダーアプリを使って記録・閲覧しています。MobileMe経由で、Mac OS XのiCalと同期がとれて便利です。

どんな時間にやってもいいような自分のこと(ブログを書いたり、プログラミングをしたり、写真やムービーを編集したり…)や、スケジュールのように時間は決まっていなくても、「x日までに完了しなければいけない」というようなこと、俗にいう「To Do」も、iPhoneで管理しています。
To Doの管理に使っているアプリは、「2Do」という有料のアプリです。Mac OS Xで動く2Do用のクライアントソフトを使えば、2DoもiCalと情報を同期することができます。

「同期=バックアップ」と考えているので、スケジュール・To Do管理にはMac OS XのiCalと同期できるものを今は使っています。
同期をすることによって、家での利用時間が長いMac上からでもスケジュールとTo Doにアクセスすることができるので、便利な面もあります。

iPhoneと違って、手帳ではスケジュールの管理をしていません。手帳は日記のように使っています。
日記と言っても、毎日何かを書いているわけではありません。
実践してみようというアイディアや改善点が思い浮かんだ時、自分にとって嬉しかったこと又は不満に思ったことがあった日に、それを手帳に記録しています。

「こんなことがあって嬉しかった」「このようなことがあって、悪い結果が出てしまった」「このようなことをしてみたらいいのではないか」

行き詰まったときに、手帳を読み返します。
過去の自分が書いた記録から、何らかのヒントをもらうことができます。すると、行き詰まっていたことがうまく進むようになります。

ノートには「Creative note」と表紙に書いてあります。
このノートは、前述の手帳と同じような使い方をしているのですが、私の趣味である「写真」「ムービー」「パソコンとプログラミング」 、書く内容をこれらに限定しています。
簡単に言うと、私の趣味の内容を記録するためだけのノートということになります。
「今日は○○に行って、□□の記録を撮影した」「今日はこの機能をプログラムに実装した。これから実装したい機能は、あれと、これと…」「この機能はこのようにすれば使えるようになるということが分かった」「このエラーはこのように解決できた」
こんなことを書くようにしています。
このノートも手帳と同じように、作業に行き詰まったときに、自分の書いた内容の全てがトラブルへの解決の糸口となります。

去年までの私は、このように自分の考えたことを自分の手で記録に残していくということを、あまり行っていませんでした。勉強や趣味の作業効率も、今から思い返すと悪かった…

このように、自分の考えたことを細かく残していくようになってからは、作業がうまく進むようになった気がします。

自分で考え事をしたあとには、きちんと行動をして、アウトプットをする。
この一連の作業で、 頭の中に清らかな川が流れているような感覚(表現が難しい…)を覚えます。なんとなく気持ちがよくなります。

このブログにも、自分の記録をどんどん残していくようにしたいです。

衝動買いで更に環境改善-パソコンで息抜き

前々回の記事の続きで、先週の4月2日(金)の午後に、東京へブラブラと出掛けたときのお話です。

池袋のヤマダ電機日本総本店と秋葉原に行きました。
プログラミングに関する本が欲しかったのと、何か適当に見物をして帰宅したい…それだけの理由で出掛けたのですが。

なんだか色々と買ってきてしまいました。

まずは、この本。林晃さんの「Objective-C 逆引きハンドブック」。この本が外出の第一の目当てでした。私がマスターしたい「Objective-C言語」の辞典のような本です。色々な処理の仕方の例が載っていて役に立ちそう。

秋葉原の「モバイルプラザ」というお店に初めて行きました。この日は、iPhoneのケースを買うつもりはなかったので、これは衝動買い。そこで買ったiPhoneのケース。予備が欲しくて2つ購入。

このケース、内部の布地が工夫されていて、iPhoneを出し入れするときに画面がキレイになるんです。すごく良い! 2つ買っておいて良かった!

ストラップをつけることができる金具もついています。本当に便利です。これも衝動買い…私が自作パソコンで使っている地デジチューナー「BUFFALO DT-H50/PCI」専用のリモコン「DT-OP-RC」です。

先日、私のパソコンの作業環境を改善した記事を書きました。そのときに紹介し忘れたものがあります。
「Logicool Cordless Desktop EX100」です。ワイヤレスキーボードとマウスのセット商品。 実は、あの時に自作パソコンのキーボード・マウスもワイヤレスにしました。このキーボード・マウスは、地元のヤマダ電機で2,980円でした。前から欲しくて欲しくて…地元にある電器量販店やパソコン専門店での、この製品の相場は大体3,980円程だったと記憶していました。それよりも1,000円安かったので、購入を決意したという経緯があります。

自作パソコンにはアナログのテレビチューナー、アイ・オー・データ製の「GV-MVP/RX2」も搭載しています。DVDはCyberLinkの「PowerDVD 6 Deluxe」というソフトを使って再生しています。このソフトには専用のリモコンが付属していました。
地デジも同じようにリモコンで操りたい!という気持ちで…衝動買いに…

キーボードとマウスがワイヤレスになっていても、映像などを鑑賞するときにはリモコンがあると非常に快適です。リモコンを握るだけで、映像鑑賞に“特化”した作業のみに集中することができます。他の操作を忘れることができるのです。

リモコンが全部で3つになり、USB接続の受光器が増えました。自作パソコンのUSB端子が足りなくなって、後日になってUSBハブを買うはめになりました…ちょっとした計算ミス。

Blu-rayの読み込み専用ドライブも自作パソコンに取り付けることにしてしまいました。LITEON製の「iHOS104」です。ヤマダ電機 日本総本店で5,980円。これだけは唯一、池袋で買ったことになります。

本当なら書き込みにも対応しているドライブが欲しいところですが、まだそれを買っても役に立ちそうにはありません。私のビデオカメラがSD画質にしか対応していないので。
書き込みにも対応するドライブは、外付けのドライブが欲しいと考えています。MacでもWindowsでも使いたいと考えているので。
この「読み込み専用BDドライブ」は、マイケル・ジャクソンの有名な映画「THIS IS IT」のBDをどうしても自分の部屋で見たくて購入しました。(自宅にはBDレコーダーが1台あるので、BDのソフトが幾つかある)
THIS IS ITを見ると、元気が出ますよね。

私にとって初めての「S-ATA接続」の光学式ドライブとなりました。

こんな感じの、小ぢんまりとしたスタイルでBDを視聴します。「小ぢんまり」なので、これでも十分迫力があります。

パソコンデスクの右側にはSONYのフラットテレビ「WEGA」と、オーディオ機器のセットが置いてあります。スピーカーは、パソコンデスクの両側に置いてあります。
BD視聴時には、自作パソコンの音声をオーディオに出力して、パソコンで空く両側に置いてあるオーディオ用のスピーカーで聞いて、迫力を増すようにしています。

これで、私の自作パソコンは「私を楽しませるためのパソコン」という役割を今までよりも強めました。

たまには、ゆっくりと息抜きをしたいですよね。
その息抜きが出来る設備を、「パソコンの機能増強」によって、更に整えてみたという報告でした。