iPad Caseが来た!iPad本領発揮だ!

iPad購入時に予約をしていた、アップル純正の「iPad Case」が、ついに手元に届きました。

iPad Caseの箱に入っているものは、「iPad Case」だけでした。説明書などは一切入っていません。iPad Caseの装着方法は、iPad Caseを包んでいた袋に絵で表してあるだけでした。(そのぶん、装着するのも簡単です。)

iPad本体にiPad Caseを装着してみて、ケース部分の液晶部分の扉を閉じてみると、こんな感じになります。マットな質感で、触り心地が良いです。

私がiPad Caseを必要とした理由は、この上の写真の「スタイル」でiPadを使いたかったことにあります。
液晶部分の扉を利用して、iPadを横向きに、スクリーンキーボードが入力しやすい角度で、机上や膝の上にiPadを置くことができます。

これは…外付けキーボードが利用しづらいような外出先などでも、文章が入力しやすい!
でも私は、どんな内容をiPadに入力するんだろう…?

iPad Caseを装着したiPadを使い始めてから、

  • iMockups
  • アップル製・iPad版の「iWork」

これらのiPad用アプリを購入しました。

「iMockups」では、iPhone・iPadのアプリのアイディアや、Webページのデザインなどを画面の模式図として作成することができます。
私はこれを使って、アプリケーションのアイディアが思いつき次第、画面の模式図を作成することにしました。
「iMockups」では、作成した画面の模式図をiPadのフォトライブラリに出力することができます。

「iMockups」で出力した画面の模式図を、私は「iWork」の「Pages」に持っていって、そこでアプリの具体的な説明(アイディア)を書くことにしました。

※ちなみに、普段のメモなどでは「Pages」ではなくて「Evernote」を使うこともあります。

Pagesで作成したドキュメントは、iTunes経由でMacにコピーすることができます。

MacのPagesで開くと、このような感じになります。

私は、プログラミングを習得するペースよりも、iPhoneアプリのアイディアを思いつくペースの方が圧倒的に速いんです。
「どうしてもこれを作るんだ!」というアプリのアイディアは、手書きで記録をしていますが、日々思いついたアイディアは、今まで記録を作っていませんでした。

でも、いつかは過去に思いついたアイディアが役に立つかもしれない…
なので、iPadを使って頻繁にこのような記録を作っていくことにしました。

いやぁ、更に使いやすくなって、自分の内面を表現しやすくなった、私のiPad。楽しくなってきました。

参考──
iMockupsの開発元「Endloop」 – http://www.endloop.ca/
iPadの「Pages」紹介ページ – http://www.apple.com/jp/ipad/features/pages.html
Evernote公式サイト – http://www.evernote.com/about/intl/jp/

iOS 4と私のiPhone 3GS チラシの裏

本日、iPhone・iPod touch向けOSの「iOS 4」がリリースされましたね。

今回は、iOS 4の個人的な感想などを、殴り書き的に記事にしてみました。

私はiPhone Developer Programの会員なので、WWDC ’10の基調講演が終わったあとにリリースされたiOS 4のゴールデンマスター版(内容は正式版と同一のもの)を、先々週くらいからiPhone 3GSにインストールして使っていました。

新機能のちょっとした感想を、適当に──

  • マルチタスキング
    • サードパーティ製アプリの場合は、iPhone SDK 4で作られたアプリでないとiOS 4の新機能であるマルチタスキングには対応できないのですが、これは非常に便利です。
      SafariでWebサイトを見ながら、即座にスケジュールを確認したり…
      とにかく、色々な可能性が増える機能ですね。
  • ホーム画面に「壁紙」を設定
    • iPhoneが華やかになりますね。 使っていて、ウキウキしてくる機能です。
  • アプリをフォルダ別に分ける
    • 私のiPhoneは今まで、ホーム画面が9面くらいありました。
      それを「フォルダ」機能を使って、4面にまで減らすことができました。

iOS 4ではカスタマイズ性が高くなって、自分の使い勝手に合わせやすくなりましたね。

あと2日でiPhone 4の発売日がやってきます。

正直に言うと、私もiPhone 4、欲しいです。
でも、iPhone 3GSはまだ1年しか使っていないし…
それに、iPhoneだけではなくて、MacやiPadもまだまだ使いこなしたいし、可能性を広げていきたい。
なので、iPhone 4の購入はしないと思います。

先日のWWDC ’10では、Macについてはほとんど触れられなかったらしいですね。
Macはこの先、どうなるのでしょうか…

個人的にも、最近はMacへの気持ちが薄れている気がします。
iOS 4や、iPadのことばかり気にしていました。

iPhoneも、iPadも、私は持っています。 そして、私のパソコンは「Mac」です。

iPhoneもiPadも、MacやWindowsパソコンのiTunesで管理をする必要があります。
そんな重要な役割を担っているMacの存在も、忘れたくはないですね。

私はiPhone 4は客観的に見つつ、我慢をして、今はMacへの気持ちを高めたいなと思います。

「客観的に見つつ」とは言っても、私が作っているiPhoneアプリは、もちろんiPhone 4のことも意識して作ります。

私がやりたいこと

今、私はCocoa・Objective-CによるMac、iPhone、iPad向けネイティブアプリケーションを作るための勉強をしつつ、自分のアイディアを形にしようと(アプリを実際に開発)しています。

私は去年の1月に、「プログラミングは、自分のやりたいことを効率よくできるようにすることができて、自分の問題を解決する手段にもなる。」ということに気づきました。
Objective-C以外にも色々なプログラミングの手段がありますが、身近にあるもの(アップルの製品)の可能性を広げてみたいと思い、この手段を選びました。

今はiPhone・iPadアプリの開発に重点を置いています。いずれは、それらをMac上のアプリと連携できるようにしてみたいです。

アプリ(App Store)には、様々なジャンルがありますが、私がどんなものを作って、どういったことを解決してみたいかというと…

人々の気持ちを整理できるようなものを作ってみたいと考えています。
何かに悩んだとき、それに対する何らかの手助けをしたり…
なかなか上手にできない、スケジュール管理の手助けをしたり…

全部、自分の経験から思いついたアイディアです。

最近は、世の中全体が多様化しているなんていうふうに言われることがあります。
日々の生活を送っていく中で、悩んだり、行き詰まったりする機会が多くなっている気がします。

私も、行き詰まったり、悩んだりすることが無いと言えば、嘘になります。

考え込んでいても、行動しない限りは何も起こらないことはわかっています。

それがわかっていても、苦しんでしまうことってありませんか。

自分以外にも、このような方々は世界中にいると思います。

こういうことを、ITで解決できたらいいと思うのです。
今日、ITは身近にあるものになりましたから。
その手助けをしたい。手助けだけではなくて、開発をしていく中で、自分の気持ちも常に一定に保てたらいいなと感じます。

その為に、情報系の学習以外にも、心理学や哲学、歴史、コミュニケーション力の学習もしていきたいと思います。

とりあえず雑誌の電子化をやってみた

iPadを手にしてみてから、私にはどうしてもやりたかったことがあります。

それは、今までに買って読んできた雑誌の「電子化」

私が買ってきた雑誌は、既に本棚に入りきらなくなってきているのです。
「それなら捨てれば?」という声が聞こえてきそうですが…

一時、処分を決めたことがありました。ですがその後すぐに、雑誌をパソコン内にスキャンして取り込んでしまう「電子化」という方法があることを知ったのです。そのために、雑誌を取っておき、更に新しい雑誌を買い続けました。

雑誌を取っておくことができれば、知識としての「バイブル」(?)みたいな感じになると思うのです。時間が経過しても、何度も読むことができます。
取っておけば便利だけれども、それには場所が必要。だったらそれらを電子化してから処分すればいい。場所は取らないけれど、雑誌はいつでも読めるようになる。

「電子化」というのは、書籍をPDFなどのファイルにしてしまう方法です。
こうすることによって、パソコンだけではなく、iPhoneやiPadなどのデバイスで簡単にそれらを読むことができるようになるので、最近は「書籍の電子化」が流行っているらしいのです。是非とも、私もやってみたい作業なのです。

しかし、「電子化」は簡単にできるものではありませが、電子化の作業の手助けをする道具は既にあります。
「断裁機(書籍のとじ部を切断してスキャニングを楽に行う)」や富士通社製の「ScanSnap(何枚もの書類を連続して素早くスキャンする)」などがあります。

けれども、断裁機やScanSnapは、衝動買いができるような価格ではありません。

「とりあえず、今の自分が持っている設備で電子化をやってみるか!」と私は思いました。
今回は、その作業の報告です。

今回、試しに電子化してみた雑誌は、インプレスジャパン社の「DOS/V POWER REPORT 2005年2月号」です。 私が自作パソコンに興味を持っていたときに、買い続けた雑誌です。つい最近まで買い続けていたので、これが5年分くらい溜まってます。(5年分:12×5=60冊…orz)

その際に、下記のWebサイトを参考にしました。
自炊技術 Wiki* – ?http://wikiwiki.jp/bookjisui/

(実際の紙で作られた書籍を電子化することを“自炊”と言うそうです。)

私は複合機プリンタの「Canon MP970」を持っています。

まず、MP970のフラッドヘッドスキャナで雑誌をきれいに電子化しようとすると、雑誌の「とじ部」が邪魔になります。なので、雑誌を1枚1枚の紙に「分解」します。

ここで、裁断機があれば楽なのですが…

上記のWebサイトを参考に、分解をカッターナイフで行ってみました。

10分くらいで、分解はできてしまいました。落ち着いてカッターナイフを使えば、簡単にできてしまいます。これだったら、断裁機は場所を取るし、いらないかも?

さて、ここからはMP970で、分解した雑誌を1枚ずつスキャンをする作業です。
表紙・背表紙・広告・記事、全部を含めて236ページありました。(付録の小冊子は除く)

1枚ずつスキャンするために、何度もMP970のスキャナ部の扉を開け閉めします。体力のいる作業です。
全部をスキャンするのには6時間程、約半日かかりました。
この結果を単純に考えてみて…

  • 約200ページをスキャンするのに半日
  • 1時間では、約30ページをスキャンすることができる
  • 2分間に約1ページのペース

私が今持っている設備で書籍の電子化をしようとすると、このようなスキャンのペースとなりそうです。

このあと、スキャンしたデータをPDFファイル等にまとめなければいけません。その時間は、上記の計算では考慮していません。

スキャンと雑誌のPDF化が完了し、早速iPadの「i文庫」を使って、そのファイルを確認してみました。
すると…スキャンしていないページがあったり、2度もスキャンしているページがあったり…
ミスをiPad上で見つけました。
(データの確認は、MacよりもiPadを使って行った方が楽です。簡単にページをめくることができるので。)

スキャンしていないページをスキャンし、重複している部分を削除したり…

結局、全ての工程を終えるのに、1日近く掛かってしまいました。

ScanSnapがあれば、書籍の断裁さえしてあれば、勝手に順番にスキャンして電子化してくれるのにね…
断裁機がなくとも、ScanSnapさえあれば、効率が全然違うと思います。

とは言っても、そんなにホイホイと品物を買うことはできません。物欲が増えるのもよくありません。iPadを買っちゃったばかりだし。

書籍の断裁は、思っていたよりも簡単でした。なので、いずれはScanSnapを買おうと思います。書籍の電子化以外にも、色々な用途で使える書類専用のスキャナなので。

スキャン後の電子データの加工方法なども、コツをつかんでいきたいです。
なるべく軽くて、キレイな電子データに変換してあげたい。