インターネット・Twitter/現実と五感 その2

「インターネット・Twitter/現実と五感 その1」の続きです。

前回の記事で、終盤に

それ以上に、他人とのコミュニケーションという”刺激”を追ってしまうことがあるような気がします。

ということを書きましたが、私は“刺激”を求めることを否定しません。

刺激を求めるようになる「きっかけ」というものがインターネット上にはたくさんあるからです。

Twitterで、リプライを通したやりとりから、色々なことに発展したり、とかでしょうか。

何のきっかけもないまま「刺激」が生まれることは、まず無いです。

発展をすれば、次の発展を求めようとするのは当たり前です。

その前に、刺激という言葉でひとくくりにしてしまうと、あまり良いイメージがないような気がします…

「刺激」を「Twitterやインターネットでは行えないコミュニケーション」 という風に、ここでは置き換えます。

「Twitterやインターネットでは行えないコミュニケーション」をしたい!
Twitterに自分の内面をもっと書いて、皆に分かってもらおう!

上記の行為は、非常に危険です。これを現実に例えれば…
公共の場所、例えば街中で自分の名刺を知らない人に大量配布したりすることは、ないですよね。

でも、更なる刺激を求めやすいのが「インターネット」の特性でもある気がします。インターネットでは様々な情報を共有することができます。写真や映像、音声など。そこから刺激が生まれます。

だからといって、インターネットで何でも共有できるかと言えば、そうではないです。共有できないことの方が多いです。

そこで、Twitterを含むSNSで、インターネットではどうしてもできないコミュニケーションを行う場合には…
「オフ会」というものが行われています。これが1つのインターネットではどうしてもできないコミュニケーションを行う例でしょうか。

(ここからは、私の感想的な文章になります)

私は今まで、何度かオフ会に参加させて頂きました。

オフ会では、インターネットでは知ることのできなかった個々の感情、知識、その他色々、数えきれないくらいのものを共有することができます。数えきれないというか、数で表せないくらいのことを共有できます。

普段は画面越しに情報を共有している方々が、目の前にいるのです。同じ場・同じ空気を共有しているのです。

インターネットでも、文字以外にも画像や映像、音声などを共有することができますが…それらは現実の世界にはかないません。

五感を使って、同じ場を共有できるのです。
(場合によっては第六感も?)

逆に言えば、インターネットでは一度デジタルなデータに変換されてしまったものしか共有できません。
そして、やはりインターネット上に何でも共有できるわけではありません。

「インターネットを通して」感じることよりも、「五感を使って」感じることの方が人間は多いのです。

携帯電話の画面やパソコンの画面を「1つの家」と例えてみると…
その「家」の周りには、なにがあるでしょう。
画面の面積よりも、実際に自分たちが生きている、この世界の方が比較にならない程に広いです。

五感を使って、インターネットでは共有できないものを共有しつつ…
なにかのきっかけが生まれたら、そこで、インターネットでは教えられないことを教えて…
「インターネット・Twitterによる繋がり」ではなくて「現実での繋がり」を持つことも、現実では可能です。私は何度か経験しました。

Twitterでは、リプライの返答を返すことができなかったり、頂けなかったりすることもあり、不安になることがあります。
それとは反対に、現実で相手が目の前にいれば、それだけで安心感がうまれます。

インターネットの進化によって、インターネットと現実との区別が無くなる時がくるかもしれません。

しかし現状では、両方には明らかな違いがあります。

最終的に、言いたいことは──

現実や五感(場合によっては第六感?)に意識を向けることを、忘れないようにしたいです。

まず、画面を注視していると、眼精疲労から始まって、体がボロボロになっちゃいますから。

インターネット・Twitter/現実と五感 その1

今回は、Twitterから感じたことを書いています。Twitter内での専門用語を多く使っています。記事が長くなってしまうので、それらの詳しい説明は省かせて頂きました。ご容赦ください。

ブログの更新頻度が(以下略
気にしないようにします。( ゚д゚)ハッ!と思ったときに綴るだけにしようかなと。
書きたいことはたくさんあるのでが、それらを溜めっぱなしにしていると、いつまでたってもきちんとした文章にならないのです。 なので、あまり気にしないことにしました。

さて、本題ですが──

私は、Twitterのアカウントを2008年の11月に取得しました。
アカウントを取得した頃はTwitterの使い方が全く分かりませんでした。
※その頃から「TwitterはiPhoneからだと使いやすい」ということを耳にすることがありました。

そして翌年の6月。携帯電話を「iPhone 3GS」に機種変更しました。
同時期に、イランで起こった大統領選挙騒動で、Twitterが連絡手段として使われているということを知りました。「TwitterはiPhoneからだと使いやすい」ということも思い出し、2008年に作成したアカウントで、Twitterを使うようになりました。

待ちに待ったiPhoneの入手を実現して、次の刺激を求めるような感じでのTwitterとの再会でした。

最初は、私が「共感できる」と思うツイートを多くされている方や、気になる有名人の方をフォローしていきました。
私も、その時に思ったことや、興味のあるIT関連のこと、今いる場所や写真などをマイペースでツイートしていきました。
すると、自然に私をフォローしてくださる方や、私のフォローを返してくださる方(相互フォロー)ができました。

Twitterを始めてから半年くらいの間は、@のつかない(他のユーザーへの言及がない)ツイートが多く、皆が主体的なツイートを多くしているという印象がありました。

その主体的なツイートを見て気になることがあったり、何かメッセージを送りたいと思ったたりしたときに、@のある他のユーザーへ言及するためのツイート(リプライ・非公式リツイート)が使われていた印象があります。

皆のツイートを読むだけ、そして私がツイートを繰り返すだけ。ときどきリプライ(他の人に言及)。それでも、当時は満足感がありました。何ででしょうか。「私のツイートは、フォロワーの方には読んで頂ける状態にある」という気持ちがあったからでしょうか。今も、その気持ちはあります。

日本語版のTwitterで、公式にリツイートという機能がついたのは、2010年に入ってからです。

Twitterは、イランの騒動(2009年6月)以降、世間から注目を浴び続けている印象があります。
テレビや新聞で「Twitter」という言葉を耳にしない・目にしない日はなくなりました。

Twitterは様々な目的で使われるようになりました。
企業が宣伝を行ったり、個人がブログの更新通知を行ったり(私も時々やるけど)…
アカウント数が増えたことによって、「Twitterの利用目的」が増えたと言ってもいいのではないかと思います。

私がTwitterを始めて間もない頃からフォローをさせて頂いている方の「今現在のフォロー数/フォロワー数」は、その時よりも、少なくても1桁は違います。

私も当初は数十人。今では600人強。最近は、飽和状態にあります。それでも少しずつ増えています。

私のフォロー数/フォロワー数が増えたことによって、私が閲覧するツイート、そして、私宛の@付き言及ツイート(リプライ・非公式リツイート)が多くなりました。

私に対する言及が、私にとってはあまり気分のいいものではなかったり。
フォロワーさんのツイートが「こんなことを“公”の場で言っても良いのかな?」と思えるようなものだったり。

このようなことが増えました。
自分も、そのようなことをしてしまっているかもしれません。

Twitterは、「非公開」の設定にしていないアカウントのツイートならば、Twitterのアカウントを持っていなくても閲覧することができます。
ツイートはTwitter内に投稿する行為ですが、そのツイートはTwitterの外にも発信されます。 (TwitterのIDをワードにしてGoogleで検索をするとよくわかります)

TwitterにはSNSという特質があるので、そこで他人とのコミュニケーションを取るという機会ができるのは必然的ですが…

それ以上に、他人とのコミュニケーションという”刺激”を追ってしまうことがあるような気がします。そこから、トラブルや不快なことに繋がっていったり…

そして、少し前に流行った「Twitter疲れ」ということも出てきてしまうのだと思います。

私は、インターネットは全世界中の「公園」みないなものだと解釈しています。
公園というものは、公共で使う場所です。マナーがあります。

インターネット自体、様々な目的に使われるようになりました。
様々な目的が生まれても、インターネットは世界中で使えます。基本的には、利用者からは情報が丸見え。やはり「公園」と同じような「公共の場」だと思います。

Twitterもインターネットの一部分で、前述の通り「様々な目的」が個々のユーザーにはあります。
それを見失うと、途方に暮れてしまいそうな気がします…
つい先日まで、自分がその状態になっていました。

この「その1」では、インターネット内・Twitter内に限ったことを書きました。
次の「その2」では、インターネットやTwitterから外に出たことを書きます。

参考リンク──
ねとらぼ:Twitterも疲れる? – ITmedia News
疲れないtwitterのススメ