MacBookを毎日持ち歩くようになりました

Twitterのタイムラインや、実際にお伺いしたことから感じた物欲。
物欲を抱いた自分の気持ちを思いのままに書いてみました。

私は大学の学部3年生で、今年度の後期からは研究室に配属され、普段は自宅で行っていたiOSやMac OS Xのプログラミングを、研究室に持ち込んで行うことが多くなりました。
(それ以前から、セミナーなどでMacBookを持って出掛ける機会は多かったです。)

あと、研究室配属という変化のほかに、大学へは自動車で通学するようになったという変化もあります。

来年度に取り組むことになる(来年度は卒業研究の単位を取得すれば卒業できるようになる予定)卒業研究で、iOSやMac OS Xでのプログラミングを扱うことが既に確定しているわけではありませんが、その来年度が気持ちよく迎えられるように、研究室の先生や先輩方、同級生と早く打ち解けられるようにという感じです。

MacやiPhoneのアプリを作ろうと思ってから、既に1年以上が経過していてしまいました。
なかなか形(アプリケーション)にできていないので、もっと効率よく、時間を有効活用して取り組もという気持ちもあります。研究室には、アップル製品を使っている先生や先輩方がいらっしゃいます。

こんな感じの、最近の家と大学との往復生活。

そんな最中、先週の21日(木)、アップルから新しい発表がいくつかありました。
iLife ’11(年明けあたりに買おうかな)、Mac OS X 10.7 Lion、FaceTime for Mac、Mac App Store…

そしてMacBook Airの新製品。 11.6インチ(1.06kg)と13.3インチ(1.32kg)の2種類にラインナップが増えて、現行のMacBook、MacBook Proシリーズと同じく1枚板から作られたユニボディとなりました。
CPUはCore 2 Duoで、11.6インチが1,4GHzか1.6GHz、13.3インチは18.6GHzか2.13GHz。
ストレージの部分は、SSDのみで64GB、128GB、256GB。メモリは2GB、4GB。
グラフィックスチップはNVIDIA GeForce 320M。

CTOによって13.3インチのモデルを選んで、更に最上位のカスタマイズを選ぶと私が毎日持ち歩いているMacBook (Late 2008)の標準構成(CPU:2.4GHz、HDD:250GB、メモリ:2GB。私は購入後にHDDを500GB、メモリを4GBに拡張)よりも性能が良さそうです。CPUの周波数がMacBook (Late 2008)の方が少し上ですが、MacBook Airの方が最初からHDDではなくてSSDを搭載していることを考えると…速そうですね。

11.6インチの最下位モデル(メモリ:2GB)を選んでも、ものすごく高性能だという意見を実際の声やTwitterのタイムラインで何度も聞きました。
メモリが不足して仮にスワップが発生した場合でも、ストレージが非常に高速なSSDなので、結局は速い動作が実現できるそうなのです。

毎日持ち歩くようになった私のMacBookの重量は、2.04kg。
新しいMacBook Airの重量は、重くなってしまったとしても1.32kg。

このMacBook Airを、持ち運び専用機として購入したいと強く思いました。

持ち運ぶためのマシンが軽くなればその分、参考書を持って行くのが楽になる…!!

ストレージの容量が足りなくなることはあると思いますが…ストレージを圧迫するような作業は、HDDを拡張して今も使っているMacBookを使って、自宅でやればいい…!!
容量に目をつむれば、非常に高速なマシンです。

でも、冷静に考えてみると…?

私は自動車通学。今のMacBook、本当に持ち運びが辛いのかい?
(自動車で荷物を持ち運ぶのは楽ですが、正直、徒歩で持ち歩くのは少し重たい。体が小さくて弱いこともあるけれど。)
もし、MacBookのHDDをSSDに交換て、バッテリーの予備を買った方が?

…安上りでもっと良い性能のMacが手に入る?

私のMacBookは、メモリを2GBから4GBへ換装して、HDDも250GBのものから500GBのものへ交換してあります。Macは、このようにして拡張することによって、さらに愛着が増えるものです。(Macに限らず、アップル以外のメーカーのパソコンや、自作パソコンなどもそうです)

3年前のiMac (Late 2006)も、まだまだ元気に動いています。これは、メモリを1GBから4GBへ換装して、HDDは外付けのHDDで容量を増やしていて、今も不満を感じていないからです。(Intel CPU搭載Macを2台持っている時点でかなりの贅沢なのですが)

MacBook Airの「SSDの速さ」を知って、MacBookに更にその手段を施すのも一つの手段だと思いました。?使えるところまで手を出して使ってみたいです。

そんな風にまとめた、私の感じた新しいMacBook Airの発表…でした。

iPadと一緒に持ち歩くもの

6月末に、私のiPadはアップル社純正の「iPad Case」に入れて使っていることと、iPadでの主な用途についてを紹介する記事を公開しました。

iPadは6月以降から、使用する頻度が徐々に高くなっています。

電子書籍やクラウドでの情報の収集・整理をするためのガジェットとしてiPadは話題になって、実際に私もその用途でiPadを使っていますが、今でも「ペンや紙を使うこと」も、大切にしています。

ここまでのことをまとめると…
今の私は、デジタル的な記録と、アナログ的な記録を併用することが多いのです。

そこで、iPadというデジタルガジェットを、アナログ的な道具(手帳・ノート・ペンなど)と一緒に収納できる方法を考えました。

なぜ、これらの「記録を作るための道具」を一緒に収納する必要があるのかというと…
前述の通り、まず、今ではデジタル的な記録とアナログ的な記録の両方を頼っていること。
そして、私はこれらを外へ持っていく際(外出のとき)、いつも同じバッグを使っているわけではないからです。外出の目的によって、バッグの中身を入れ替えて、外に出ます。なので、”中身を入れ替える”行為の手間を省きたい。
この2つが、iPadとアナログ的な道具を一緒に収納したいという目的でした。

この目的を実現するために、無印良品のお店で「ナイロンバッグインバッグ(B5サイズ)」というものを購入しました。私のナイロンバッグインバッグの中身は、上の写真のような感じになっています。

まずは、一番大きな収納部分には、iPad Caseに包んである「iPad」の本体。その横にはプログラミングや編集作業の記録を書くためのノート。内側のポケットには、iPadの画面を拭き取るためのクロス。外側のポケットには、手帳やペン。このような感じに、「記録を作るための道具」が入っています。

「記録を作るための道具」を、バッグに入れ替える時は…ナイロンバッグインバッグそのものを入れ替えるだけです。ペンもノートも、そしてiPadも、一気に入れ替えることができます。

家にいる時は、「記録を作るための道具」をまとめて取り出すことができるので、すぐに手元に「記録を作るための道具」を呼び出すことができます。机や居間、枕元などといった場所にです。

今更ですが、iDiskを使いはじめました

私はアップルのMobileMe(年間9,800円)を利用しています。

学生にとって、年間9,800円は大きな出費ですが、これに加入しておくとMac・iPhone・iPadの間でSafariのブックマークや、連絡先の同期を素早く行うことができます。
もし、iPhoneやiPadを紛失したときには、GPSを使ってiPhoneやiPadの現在位置を把握することもできます。

MobileMeの一番大きな特徴が、20GB(@me.comのメールサーバ、iWebによるWebサーバの容量も含む)のオンラインストレージ「iDisk」を利用できる点だと思います。
このオンラインストレージへは、Mac OS XのFinderから直接アクセスすることができます。

iPhoneやiPadからは、専用アプリの「MobileMe iDisk」をインストールすることによってアクセスをすることができます。

実は私、MobileMeに加入していながら、つい最近までiDiskをほとんど利用していませんでした。
その理由は…MobileMeのiDiskを積極的に使おうとは思わなかったことです。家から大学へ何らかのファイルを持って行く時が頻繁にあるのですが、その時はUSBメモリを使っていました。もちろんこのような用途でも、iDiskを使うことは可能なのですが、USBメモリの方が楽な感覚で使うことができたのです。

アップルが好きな私ですが、このように「アップルが提供してくれている便利なものを使っていない」というところも、実はあったのです。

MobileMeも、最近流行の「クラウド」なサービスの1つですが、似たような「クラウド」のオンラインストレージサービスの一つに「Dropbox」があります。
なぜか私は、Dropboxの方は以前から頻繁に利用していました。 Mac間でのファイルのやりとりと、同期がDropboxでは高速に行えるからです。(条件によっては、有料のiDiskの方が極端に速度が遅くなることがある)ただし、無料のプランを利用しているため、Dropboxのストレージ容量は3GBと、iDiskよりも大分少なめです。

そして、なぜ急に「iDisk」を使いはじめたかというと──

今年度の後期から、大学の講義で配られた資料などを、スキャナで電子化してiPhoneやiPadでいつでも閲覧できる状態にしようと思ったのです。
そうすることによって、何度でも資料が閲覧でき、本物の資料を自宅に忘れてしまった時でもiPadがあれば安心できます。(でも、授業中にiPadを開くということを、まだやったことがありません。休み時間とかなら使えるよね。)
iPhoneやiPadでも、前述の「Dropbox」を利用することができます。しかし、容量が3GB。資料を電子化すると、ものによっては十数MBという大きさになりました。

「塵も積もれば山となる」で、これではDropboxが近いうちに満杯になってしまいそう。
それじゃあ、20GBの大容量なiDiskを積極的に利用してみよう。

と、いうことでiDiskを積極的に利用してみることにしました。
※自宅のローカルストレージには、きちんとバックアップを作成してあります。

最近では、アップル社のiWork(Pages・MS Wordに相当するアプリ)で、自分専用のメモや講義のレポートなどを作成することが増えました。
体裁が指定されているレポートでは、現状ではマイクロソフトのWordを使うしかないのですが… それ以外の時は全てPagesです。

iWorkはMacでもiPadでも利用することができます(アプリは別売り)。
iPadのiWordは、9月のアップデートによって、iDisk内にあるiWorkのファイルを簡単に編集できるようになりました。(というか、なぜ今までiPad版iWorkはiDiskに対応していなかったの?)

iPadのiWorkがiDiskに対応したことによって、iDiskを使わない理由はなくなりました。

iDiskから講義資料を何度も読み返すことができ、レポートを書く必要があれば、iPadからでもMacからでも作成をすることができる。
(同じアップルの製品であるMac・iPad間でも多少の互換性の問題は発生しますが、テキスト程度なら問題ありません)

あと、せっかくMobileMeに加入しているのだから、活用しないと勿体ない。

肝心の使用感についてですが──

場合によっては速度が遅い気がすることもありますが、講義資料1つ程度の容量なら、大したことはなかったですね…

iPadの画面は、視野角が広くて発色がきれいな「IPS液晶」です。講義資料の確認が非常にしやすい。
また、iPadは起動時間も短く、iDiskのアプリも即座に起動することができます。操作も簡略化されています。「素早くファイルを閲覧・素早くPagesからレポートを作成」このようなことができます。
電車で移動している時や、大学内での空いた時間などに…とても便利です。
自宅など、Macを広げる余裕のあるところでは、普段から使い慣れているキーボードを使って、レポートの続きを作成することができます。

iPadは、手に入れてから4ヶ月が経過したところです。
なんだか、やっとiPadの使い方に慣れてきたり、使い方を自分から開拓できたりすることができてきたような気がします。