iPad 2とiPhone 4 Whiteの実機を見てきた感想

昨日(28日・木)はiPad 2が日本でも発売が開始され、同時にiPhone 4のWhiteも(昨年の6月に発表されてから…やっとのことで)発売開始になりました。
私は当日、都内に用事があり、その途中で電器量販店に立ち寄って、iPad 2とiPhone 4 Whiteの展示機に触れてきました。

まずはiPhone 4 Whiteの感想から。
iPhone 4の発売日直後に、既に今までから出回っていた黒いiPhone 4には触れたことがあり、それに搭載されているRetina Disprayに対してものすごく興味を抱いていました。
高解像度で高精細、iPhoneのUIが印刷物のように見やすく、キャンディーのように美味しそうに見えました。
私がiPhone 3GSに機種変更する前に使っていたSoftBank 910SHの液晶画面もiPhone 4と同じような高精細液晶でしたが、私はMac OS XやiOSのようにフォントの表示にスムージングがかかっているほうが好みなので、iPhone 4の画面はとても魅力的に感じました。
iPhone 4 Whiteでは、画面の周りが白い分、Retina Disprayが黒いiPhone 4よりも更に鮮やかに見えた気がします。
私のiPhone 3GSは裏面が白いモデルですが、画面周りのガラスは黒いです。もしかしたらそれが影響して、画面の周りが白いiPhone 4 Whiteの画面に、自分の目が慣れていなくて、単純に新鮮さを感じただけかもしれません。

次に、iPad 2の感想です。触ったのはiPhone 4と同じくホワイトモデルでした。
まず、ホーム画面のページめくりが滑らかなことに気づきました。初代iPadと比べると、ホーム画面のページめくりでは、フレームレートが多く、滑らかに見えたような感じがします。アプリのアイコンをタップして、アプリが起動するまでの動作中に行われるアニメーションももちろん滑らかで、「機械を操作している」という感覚とは少し違う、気持ちの良い感覚でiPad 2は操作できる気がしました。
それと、アップルの発表の通り、初代iPadと比べると重量が軽くなっています。これも 「機械を操作している」という感覚を忘れさせる原因のひとつになったと思います。ホワイトモデルで、見た目からも「軽そうだ」という印象を感じました。

参考
iPhoneホワイトモデル、明日登場 – http://www.apple.com/jp/news/2011/apr/27iphone.html
iPad 2、日本、香港、韓国、シンガポール、その他8カ国で今週発売 – http://www.apple.com/jp/news/2011/apr/27ipad.html

TapkuLibraryを利用してiPhoneアプリ内でカレンダーを表示する

開発途中の覚え書きを兼ねて。

TapkuLibraryというものを利用して、月別のカレンダーをiPhoneアプリに表示する方法を記載します。(Xcode 3.2.6を使用しています)

Tapku:http://tapku.com/

ClassesグループにTapkuLibraryフォルダをドラッグ

1.TapkuLibraryをダウンロード、展開し、”src/TapkuLibrary”のフォルダをXcodeの「グループとファイル」内にあるClassesグループにドラッグします。すると、ファイルの追加方法を求められます。「デスティネーショングループのフォルダに項目をコピーする(必要な場合)」にチェックをして、「追加」をクリックします。

ResourcesグループにTupkuLibrary.bundleをドラッグ

2.続いて、TapkuLibraryと同じ方法で「TapkuLibrary.bundle」をXcodeの「Resources」グループにドラッグ、「デスティネーショングループのフォルダに項目をコピーする(必要な場合)」にチェックをして、「追加」をクリックします。

2つのフレームワークの追加

3.Xcode上のFrameworksグループのコンテキストメニューから「追加」→「既存のフレームワーク」をクリックし、「QuartzCore.framework」を追加。同じ手順で「MapKit.framework」も追加します。

4.Other Sourcesグループ内の「(プロジェクト名)_Prefix.pch」ファイルを以下のように書き換えます。

#ifdef __OBJC__
    #import <Foundation/Foundation.h>
    #import <UIKit/UIKit.h>
	#import <QuartzCore/QuartzCore.h>
	#import <MapKit/MapKit.h>
#endif

5.1で追加したフォルダの中にある「NSMutableURLRequest+TKCategory.h」と「NSMutableURLRequest+TKCategory.m」をdeleteキーで取り除きます。

"t"で定義されているところが2つも

6.ここでビルドと実行をすると、「TKCategory.m」のファイルにエラーが出ます。”t”で定義されているものが2つあることがわかるので、ここを修正します。

TapkuLibraryのカレンダー

実行結果です。

Apple流儀のMac上でのプログラミング

このブログを含む私に関連するWebページやTwitterには、Mac OS XやiOSで動くアプリの開発をしている旨をプロフィールに記載しています。
Macを含むパソコンやiPhone/iPadの自分なりの使い方を模索したり、紹介することはありましたが※、アプリ開発(プログラミング)に関連する話題をネット上ですることは、今までにありませんでした。

※正直なところ、この下線部をしている時の方が自分にとっては楽しく、それが習慣になってしまっていたため、アプリ開発の方はいつも後回しになってしまっていました。ですが、既にあるものを使いこなしていくだけではなくて、自分自身で、ソフトウェアを作ることによって、 MacやiOS端末で「できること」を増やしたいなと思う気持ちは変わっていません。

この春からは、そのような話題もネット上で出していきつつ、モチベーションと技術力の向上に繋げられればいいなと思います。

今回の記事では、私が「これで何でも作れるようになりたい」と思っている、”Mac上でアプリケーションを作るための技術”をまとめたいと思います。

今日、Appleが販売しているパソコン「Mac」には、「Mac OS X」というOSが搭載されています。「Mac OS X」が登場する前のMacには「Mac OS」という名のOSが搭載されていました。
「Mac OS X」の「X」の意味は、Mac用のOSでバージョンが10番目(ローマ数字のX)にあたるということと、Mac OS X(前身のNEXTSTEP)がUNIX系の技術を採用していて、そのUNIXの”X”を取ったということが挙げられます。 「Mac OS X」と書いて、「まっくおーえすてん」と読みます。

Appleのスティーブ・ジョブズCEOは、1985年にAppleを追放されてしまいました。その後、NeXTという会社を設立し、NeXT社オリジナルの教育・ビジネス向けのワークステーションを販売していました。そのワークステーションには「NEXTSTEP」というOSが搭載されていました。

スティーブ・ジョブズ氏がアップルに復帰する直前の1996年、Appleでは「Mac OS」に代わる新しいOSをMacに搭載しようという計画が立っていました。その次期OSでは外部の技術を新しく採用することになり(なんとMicrosoftのWindows NTも候補のひとつでした)、幾つかの会社の製品の調査を行った後、NeXT社の「NEXTSTEP(この頃にはOPENSTEPという名称に変わっています)」を次期OSの技術として採用することになりました。NeXT社はアップルに買収され、スティーブ・ジョブズ氏もAppleに復帰することとなり、後にCEOの座を取り返しました。

Mac OSはMac OS Xが開発される中、2001年まで改良が重ねられました。
最後のMac OS 9では非常に安定したOSとなり、たくさんの新機能も盛り込まれていたことと、当時のアプリケーションを今でも大切に使いたいという理由から、Mac OS 9を現在でも愛用するユーザーがいます。一例として、印刷業を営む事業所へ赴くと、まだMac OS 9が活躍する姿を現役で見ることができることがあります。

2000年、NEXTSTEPの技術を採用したMacの新しいOS「Mac OS X」が登場しました。

さて、Mac OS X向けのアプリケーションを開発するための新しいAPIとして、「Cocoa」というものがあります。iPhoneやiPad、iPod touchのOSはMac OS Xの技術を使った「iOS」と呼ばれるもので、iOS向けのアプリケーションを開発するためのAPIには「Cocoa Touch」というものがあります。

CocoaとCocoa Touchを呼び出すにはObjective-Cというプログラミング言語が必要になります。

Cocoaのクラスライブラリの名前は“NS”で始まります。 これは、Mac OS Xの前身である「NEXTSTEP」の略であり、Mac OS X上でアプリ開発を行う際には、今でもNEXTSTEPの名残を感じることができます。

Mac OS XにはCocoa以外のフレームもあり、その代表として「Carbon」というものがあります。
Carbonは過去のMac OSで動いていた機能をMac OS X上でも動かせるようにすることが目的で作られたものです。
初期のMac OS Xに標準で搭載されていたアプリケーションの中にはCarbonで作られたものがたくさんありましたが、現行のMac OS X 10.6 Snow Leopardではほとんどの標準搭載のアプリケーションがCocoaで書き直されています。更に、Cocoaは64bit環境に対応していても、Carbonは64bit環境に対応していません。iOSにもCarbonは移植されていないので、今後はCocoaやCocoa Touchで作られるアプリケーションが格段に増えていくのでしょう。

それで、私はCocoaとCocoa Touchを自由自在に操れるようになれたらいいなといつも思っていて、非常にロースペースながら、Mac上で自分のアイディアを使ったiOSのアプリを開発しています。

次のアプリ開発に関連する記事では、技術面での深い話題や、開発途中の覚え書きなどを書けるようになれたらいいなと思います。

Appleの新しいFinal Cut Pro X

参考元
Appleが64ビット/マルチコア対応Final Cut Pro Xを発表 – TechCrunch Japan
http://jp.techcrunch.com/archives/20110412apple-announces-final-cut-pro-x-at-nab/

アップルが発売しているMac OS X専用のビデオ編集ソフト「Final Cut Pro」の新バージョン「Final Cut Pro X」が発表されたそうです。
Mac OS X 10.6 Snow Leopardにも搭載されているOpenCLやGCDなどが採用されていたり、UIが一新されていたり…今までのFinal Cut Proとは全く違うアプリケーションになっているようです。

現行の「Final Cut Studio」や「Final Cut Express」との関係はまだ定かにはなっていませんが、6月に299ドルでMac App Storeからリリースされるとのこと。

「Final Cut Studio」に同梱されている他のアプリケーションに搭載されている機能の一部も「Final Cut Pro X」に統合されているとか…

現行の「Final Cut Studio」に含まれている「Final Cut Pro」の廉価版が「Final Cut Express」という形態になっています。
「Final Cut Studio」が999ドル、「Final Cut Express」 が199ドルの設定になっています。
「Final Cut Pro X」は、現行の「Final Cut Pro X」の値段に近いので、もしかしたら”Pro”と”Express”の両方の後継バージョンなのでしょうか…

私事になりますが──

Read more Appleの新しいFinal Cut Pro X