OS X Lionへのアップグレード

昨日(20日・水)の21時30分から、AppleのMac App Storeで「Mac OS X 10.7 Lion」(以下、OS X Lion)のダウンロード販売が始まりました。価格は2,600円です。

同一ユーザーで、同じApple IDを使えば、一度Mac App StoreでOS X Lionを購入すれば複数台のMacにOS X Lionをインストールすることができます。ただし、OS X LionがインストールできるのはIntel Core 2 Duo、Core iシリーズのCPUを搭載(違う表現をすればIntel Macのうち”Core Duo”搭載機ではない)し、なおかつMac OS X 10.6.8 Snow Leopard(以下、OS X Snow Leopard)がインストールされているMacのみとなります。OS X Snow Leopardのバージョンが10.6.7以前になっている場合は、ダウンロード販売によるOS X Lionがインストールできないため、ソフトウェア・アップデートによりアップデートを行う必要があります。

さて、OS X Snow Leopard(09年8月)ではPower PC系CPUを搭載したMacには非対応となり、今回のOS X LionではPower PC系CPU搭載のMacよりは比較的新しいIntel CPU搭載のMacでも一部、非対応機種(Intel “Core Duo” CPU搭載機)がでてくることになりました。

OS X Lion インストール済み

私はCore 2 Duoを搭載しているiMac (Late 2006)を4年以上、MacBook (Late 2008)を2年以上使っています。私の2台のMacはギリギリのところで、OS X Lionが使える環境の範囲に入ることができました。

もちろん、両方にOS X Lionをインストールしました。が、次の新しいOSには対応できるのか…と、少しヒヤヒヤしてしまうところでもあります。

MacBook (Late 2008) OS X Lion 64bitカーネルで起動Intel Macでの非対応機種は、Core Duoを搭載したMacです。Intel MacのCPUのうちCore Duoだけは32bit CPUとなっています。Core 2 Duo以降からは全て64bit CPUとなりました。

この違いにより、Macに搭載できるメモリの容量が増えたり、一度に処理できる量が変わったりします。64bit CPUの方が、それが大きくなります。

それに合わせるようにソフトウェアにも32bit/64bit版の違いがあります。今までのMac OS Xはどちらの環境でも使えるような設計になっていましたが、OS X Lionからはソフトウェア面でも積極的に64bit化を行うために、あえて32bit版のCore Duoを非対応にしたようです。

まだまだ新しいIntel Macでも、このような違いによって、対応、非対応が変わってくる時代になってしまいました。

更に、OS X LionではOS X Snow Leopardでは使うことのできたアプリケーションの一部が使えなくなりました。それは、Mac OS X 10.4 Tiger〜OS X Snow Leopardに搭載されていた「Rosetta」という仕組みを用いないと動作することができなかったアプリケーションです。

Rosettaは、Power PC系CPU搭載のMacにしか対応していないアプリケーションを、Intel CPU搭載のMacでも使えるようにする機能でした。OS X Snow LeopardまでにはRosettaが搭載(※)されていましたが、Lionからはその機能が搭載されなくなりました。

私はRosettaを用いないと使うことのできないアプリケーションを幾つか持っていて、今後も使う予定があるため、外付けのHDDからOS X Snow Leopardを起動できるようにして、OS ?X LionとOS X Snow Leopardの両方を切り替えながら使うことができるようにしました。

次回の投稿では、私の感じたOS X LionをインストールしたMacの操作性についてを記載したいと思います。

(※)Mac OS X 10.4 Tiger(Intel CPU搭載のMacにプリインストールされていた物のみ)〜Mac OS X 10.5 Leopardでは標準でRosettaがインストールされていましたが、OS X Snow LeopardではRosettaをシステムにインストールすることは任意での選択式になっていました。

Boot CampのWindows 7を消してみました

前回の投稿から、かなりの日数が経ってしまいました。
将来のことで悩んでいる中で、たくさんの悩み事が増えて…の繰り返しで、内向的になっていってしまった気がします。

レンタルサーバーを借りて、WordPressというアプリを自分で導入して、ブログだけはいつでも、どんなときでも書きやすいようにチューニングしているのですから、とりあえず、絶不調なときでも、何でもアウトプットしてみればよかったなと思います。

VMware in Windows 7さて、私のMacBook (Late 2008)に、Boot Campを使ってインストールしていたWindows 7を削除しました。

削除した理由は、Mac OS Xの領域の空き容量が50GB程度になってしまったことです。
これで空き容量が足りなくなってしまったということはないのですが、空き容量を気にするようになり、MacBookの使い方についても考え直すきっかけになりました。

そこで真っ先に考えの対象になったのがBoot CampのWindows 7です。
500GBのHDDから60GBの領域をWindows 7で使っていました。
それだけの領域を使う必要があるのかと考え直しました。

Windows 7をMacBook上でネイティブに動かす…それをサポートする機能がBoot Camp。
この方法でWindows 7を使う機会は、そんなに多くありませんでした。
Boot Campの領域からWindows 7をMac OS X上の仮想マシン(VMware Fusionを利用して)として起動する回数の方が多かったのです。

それを思い出して、Windows 7はBoot Campの領域ごと削除して、HDDを500GB(Mac OS X)の単一パーティション構成に戻し、そのあとにVMware Fusionの仮想マシンとしてWindows 7をインストールしました。

最初から仮想マシンとしてインストールしておけば、その仮想マシンが利用する容量分のデータだけしか、HDD上には作成されません。

また、Boot Campでは読み書きが遅くなるHDDの内周部にパーティションを作成し、そこにWindows 7をインストールする形になり、OSの起動時間が遅くなります。
VMware Fusionからその領域を呼び出して、仮想マシンとして起動した場合は更に起動に時間が掛かるようになります。
Boot Campのドライバと、VMware Fusionのドライバの両方をWindows 7に入れることにもなります。

しかし、最初から仮想マシンとしてWindows 7をインストールすれば、ドライバはVMware Fusionのものだけで済みます。起動時間は少しだけ速くなる程度でしたが、前述の理由から、HDDを圧迫することは無くなりました。

仮想マシンとして最初からインストールしたWindows 7ではVMware Fusionのサスペンド機能(メモリの状態をHDDに保存して仮想マシンを次の利用時に即座に再開できる機能)が使えるので、この機能を利用すればOSの起動時間は最初から気にしなくてもよくなります。

Windows 7をMacBook上でネイティブに動かすときは、主に3D処理等の負荷が掛かる作業をするときでした。これからは仮想マシン専用のWindows 7となったので、この辺りの処理を行う際は心配になりますが、様々なリソースを利用して便利にMacを使うという私の方針は、HDDの空き容量の問題を軽減しつつ、今後も続けることができます。