Lionの初・再インストールの記録

「初」なのに「再」。変なタイトルです。

今日は、大学で使うファイル(Keynoteのスライド)を、自宅でMacBook (Late 2008)を使って作っていました。

しかし、Keynoteの動作が遅く、なかなか作業が進みませんでした。

具体的に症状を書くと…
キーボードからの文字入力や、トラックパッドによる画像の挿入、サイズ変更の操作がワンテンポ、ツーテンポ遅れたり、スクロールが引っかかったり。

ファイルをiMac (Late 2006)に移動して、そちらで作業をしてみると、何の問題もなく快適に作業が進みました。

他のiWorkのアプリケーションでも症状は同じで、動作が重たいことを確認しました。

Mac OS Xのメンテナンス作業としてお馴染みのディスクユーティリティによるアクセス権の修復や、各種キャッシュのクリア等を試してみましたが、症状は改善しませんでした。
それ以上、原因を探ることが面倒になったので、OS X Lionの再インストールを行うことにしました。

今回のOS X Lionの再インストール手順は

  1. Time MachineでMacBookの最新のバックアップが取れていることを確認
  2. Recovery HDからMacBookをブートし、ディスクユーティリティにより内蔵HDDをフォーマット、続いてOS X Lionのクリーンインストール
  3. クリーンインストール後、Time Machineのバックアップから設定、アプリケーション、自分のファイル等を復元

OS X 10.5 Leopard以降、同様の操作でOSの再インストールを行ったことは何度かあります。
(リンク先の記事では、Mac OS Xで初めての再インストールの経験だったので、Time Machineを信用できずに”念のため”手動で内蔵HDDのバックアップを取っていました)

今日の再インストールにかかった時間は、クリーンインストールからTime Machineのバックアップによる環境復元までを含めて、3時間弱です。

この「環境復元」の速さを信用し、今日はOSの再インストールを実行しました。

再インストールを行った結果、iWorkのレスポンスは改善することができました。
更に、他のアプリケーションでの文字入力のレスポンス、Mission Controlなどのアニメーション、OS X Lionの起動速度なども良くなりました。

…ということは、私が今までMacBookで使っていたLionは、本来のパフォーマンスを発揮していなかったということになります。

さて、今回は「Recovery HD」からOSのクリーンインストールを行いました。
上記のリンク先にもある、Time Machineよる環境復元の簡単さ、速さ、正確さには以前から何度も助けられているのですが、今日は「Recovery HD」に感動しました。

「Recovery HD」はOS X LionがプリインストールされているMacと、OS X Snow LeopardからMac App Store経由でOS X LionにアップグレードしたマシンのHDDにある、名前のとおりの「リカバリ用領域」です。OSのインストールの他にも、ディスクユーティリティやTime Machineよる内蔵HDD全体のリストアの機能などをここから呼び出すことができます。

ここからOSのクリーンインストールを行う際は、まずディスクユーティリティでHDDをフォーマットし、インストールの作業を進めます。
その際、Apple IDの入力を求められ、OS X Lion購入時に利用したApple IDとパスワードを入力します。
使用許諾書に同意した後にインターネット経由でOS X Lionがダウンロードされ、インストールが始まります。

※私が調べた限りでは、「Recovery HD」にOS X Lionをインストールするための全てのデータは無く、インストールの際はインターネットへの接続が必須とのことです。

OSのインストールが終わると初期設定の画面が表示されます。今回の場合はそこからTime Machineのバックアップを呼び出し、環境を復元させました。
OS X Snow Leopard以前では、OSの再インストール、環境復元の後、OSのアップデートをかける必要がありましたが、OS X Lionではインストール時にアップデートが適用されている最新のOSがインストールされるようで、アップデートを手動でかける必要がなくなっていました。

OSをMac App Store経由でダウンロードし直す必要はありますが、それでもインストールにかかる時間は1時間もかからず、とても速く感じました。

最終的に全部の作業が終了するまでは、OS X Leopardのときと同様に、3時間弱。ですが、OS X Snow Leopardのときはここからアップデートの作業が残っていました。

今日はこの「アップデートの作業が省かれる」という部分に感動しました。
感動しただけで根本的な問題の解決(何が原因だったのか)には至っていないのですが…。

長時間メンテナンスをして原因を探り、ますます環境を壊してしまうよりは、このように素早くOSを入れ直してしまった方が、スムーズな解決方法なのかもしれません。その手軽さが、手放せません。

MacBookでMagic Trackpad…?

Magic Trackpad パッケージアップルの”トラックパッド単体”の製品である「Magic Trackpad」を、MacBookのクラムシェルモードのために買ってしまいました。

MacBookのクラムシェルモード前回の記事では、OS X Lionではウインドウやアプリの切り替えが楽になるように改良されたので、画面の大きさにこだわらなくても、Macでの作業がやりやすくなった…というようなことを書きました。けれども…

私は自宅でMacBookをクラムシェルモード(MacBookの液晶画面を使わずに、外部のディスプレイを使って、MacBookを据え置き型マシンのように使う方法)で使うことが少なからずありました。

やっぱり、写真などを表示させるときは大きい画面の方が見やすいのです…

(ちなみにiMacはビデオ編集用で、Magic Mouseで満足しています)

クラムシェルモードの際にはMacBookに内蔵されているトラックパッドが使えなくなるので、キーボードはアップル純正の「Apple Wireless Keyboard」、マウスはLogicoolの「M555b」を使っていました。

クラムシェルモード時の組み合わせは上記の環境で何の不便も感じていなかったのですが、OS X Lionにアップグレードしてからは、MacBookを単体で使ったときのトラックパッドの操作性が非常に気に入ってしまい、クラムシェルモード時のマウスに不満が出るようになってしまいました。

Logicool M555bでは、カーソルの移動、左右のクリック、垂直・水平スクロール、中央のボタン押下によるMission Controlの呼び出しといった一通りの機能を使うことができていました。

しかし、アップルのトラックパッドでは「マルチタッチジェスチャ」を使うことができます。
キーボードやマウスによる特別なボタンを使わなくても、指先を「ふわぁっ!」っと軽く動かすだけで、OS X Lionの便利な機能を呼び出すことができます。
Mission Control以外にも、ウインドウを端に避けてデスクトップを表示させる機能や、Dashboardを表示させる機能、iOS端末のホーム画面のようなアプリの起動画面であるLaunchpad、ブラウザの戻る・進むの操作、それから指先の動作と息がぴったりなスクロール…

トラックパッド上からこれらの機能を呼び出す際は、指先の動かし方に追従するかのように滑らかなアニメーションで表示されるため、私は自分の体(指先だけですが)とMacが一体になることができたかのような錯覚を感じながら作業ができるなと感じ、その感覚がとても気に入りました。

そこで、MacBookに内蔵されているトラックパッドが使えない時(クラムシェルモード使用中でMacBookの液晶が閉じている時)でも、どうしてもトラックパッドが使いたいと思い、今回のMagic Trackpadの購入に至りました。

本音を言うと、「ああ、買ってしまった!」というような衝動的な買い物だったので、今回の記事で書けることはこれで以上です(汗)