フルHDムービーが撮りたくてビデオカメラを買い増しへ

私は遠出や旅行の際にはデジカメとビデオカメラの両方を持って行って、それをパソコンに取り込んで、管理したり編集したりすることを中学生の時からやっています。

そのなかで使っているビデオカメラが2000年製のもので、miniSDテープに記録する方式で、720x480pxのSD画質で記録するタイプでした。(SONY ハンディカム DCR-TRV20)

なう。 on Twitpic
DVDやYouTubeへアップロードするような用途なら、この性能で十分なのですが、最近のビデオカメラはフルHD画質で記録できる上に、キャプチャ(パソコンへの映像の取り込み)はUSBケーブルででき、さらに等倍速でやる必要もない…(DCR-TRV20は、等倍速、すなわち録画したものを再生しながらパソコンでキャプチャする必要があります。転送にはFireWireを用います。)

Intel Macを使うようになってから、ビデオカメラも新しい物を使いたいなと考えていたのですが、昨日、ついにその願いが叶いました。

SONY HandyCam HDR-CX180 on Twitpic

上記のビデオカメラと同じく、SONYのハンディカム、HDR-CX180を購入しました。

価格、性能、デザイン、サイズを考え、これを選びました。

DCR-TRV20は、当時は上の方のラインナップに位置する機種だったと思いますが、今回のHDR-CX180は現行のSONYの機種の中では下の方のラインナップに位置する製品のようです。
しかし、解像度や記録方法、パソコンとの連携方法などを考えると、上位とか下位とか、全く気になりません。
更に、DCR-TRV20よりも小さなサイズになって、重量も軽くなって、大満足です。
付属品と同じバッテリーも別途購入、内蔵メモリも32GBあり、それなりの長さで録画することができそうなので、とても満足しています。

DCR-TRV20は故障したわけでもなく、今後も使うつもりなので、今回のHDR-CX180は、買い増しという解釈をしています。

次の遠出や旅行が楽しみです。

iMacのメモリを16GB…MAXに!!

CFD Elixir 4GB PC3-1066 DDR1333

先日購入したiMac (Mid 2011)には、標準の2GB2枚(4GB)のメモリに加えて、購入したお店が独自に追加(追加分のメモリは自分で取り付けることにして、取り付け工賃となる分を値引きしてもらっていました)している4GB2枚(8GB)の合計12GBとなるメモリの容量を詰んでいました。

このMacについて(メモリ)

今日、先日のiMacに追加されたメモリと同じ4GB2枚(8GB)のメモリを秋葉原にて購入し、標準の2GB2枚(4GB)と入れ替えて、メモリの容量が合計16GBとなるようにしました。
今のところ、iMac (Mid 2011)のメモリ搭載可能容量は16GBまでなので、増設・交換はこれで限界です。

MacBookの時と同じく(MacBookのメモリを4GBへ交換したとき)?(MacBookのメモリを8GBへ交換したとき)、とても財布に優しいと思える価格だったので、今回のメモリ交換に至りました。

4GB×4枚 合計16GBがしっかりと認識・動作している

メモリを交換後、Apple Hardware Testを実行し、ハードウェアが正常動作しているか確認を取り、メモリを含めて全ての部分でテストを通過し、しっかりと合計16GBのメモリが認識・動作しています。

iMac (Mid 2011)では、VMware Fusion 4を使っています。
今後の私は、将来の様々な事情によりMacを使いつつもWindowsも使い続けなければいけないことになりそうです。

メモリを潤沢に用意しておくと、仮想マシンで動かすWindowsも実機のパソコンと遜色が無いと感じるほどに動作するので、このような形で仮想マシンによってMacとWindowsをうまく使い分けていきたいなと思います。

参考Webサイト──
DDR3メモリ買うならどのメーカーが良いの?-GIZAZINE(ギザジン)

私のiMacが、白から銀へ。

iMac (Mid 2011) 21.5inch

今月初旬に、iMac (Mid 2011)の21.5inchモデルを手に入れました。

Core i5 2.7GHz、メモリ 12GB(標準搭載容量より増加している件は後述)、AMD Radeon HD 6770M 512MB、1TB HDDの構成です。

今まで使っていたiMac (Late 2006) 20inchモデルに現役を退いて頂き、iMac (Late 2006)が置いてあった場所に、iMac (Mid 2011)を置きました。

HDDを流用

iMac (Mid 2011)の内蔵HDDは1TBあります。
私はMac OS Xの機能「Time Machine」を使ってMac内のデータのバックアップを取っているので、新しい外付けHDDも必要になりました…が、今はタイの洪水の影響で、HDDの価格が高騰しています。
それと、HDDばかり増えると管理が大変になるので、今回はHDDを流用して、Time MachineでのバックアップのHDDを捻出することにしました。
数ヶ月前に自作のWindowsパソコンをファイル置き場として使おうと決めた際に取り付けた、2TBのHDDを、今回新たに購入した外付けHDDケースに入れなおして使っています。

 

GW3.5AA-SUP

外付けのケースは、玄人志向のGW3.5AA-SUP(クロムシルバー)を選びました。
接続先の機器との電源に連動して動作したり、HDDのアクセスが無いときには自動的に省電力モードに入ったりと、コンピュータをしばらく使わない間はスリープではなくてシャットダウンを利用する私にとってはぴったりのケースです。

私はRAID1の外付けHDDでプライベートなデータを保管していて、それを自作パソコンの方でもバックアップしていましたが、今回からは、そのRAID1の環境も、この新しい外付けHDDで取ることにして、自作パソコンにおけるファイル置き場の役目を軽くしました。(パーティションを切って1TBの領域を2つ用意しました。)

iMac (Mid 2011)を購入したパソコン専門店では、独自にメモリを追加しつつ、価格を若干抑える方法でMacを販売していて、このiMac (Mid 2011)は標準搭載のメモリ 2GB2枚 合計4GBに加えて、4GB2枚 合計12GBのメモリ構成となっています。

Read more 私のiMacが、白から銀へ。