大切なデータの「元・保管庫」、不具合の箇所を特定できたかも【2012/04/09 訂正】

前回と、1年半前にトラブルに遭遇し、だましだまし使っていた「裸族の二世帯住宅」なのですが、トラブルの原因を特定できた”かも”しれないので、ご報告致します。

自作PCで、eSATA経由で裸族の二世帯住宅を接続し、スタンダードモード(中に入れた2台のHDDを個別にPCに認識させるモード)に設定したところ、上段のHDDはPCに認識されるのですが、下段のHDDは全く認識されませんでした。その症状がわかるもうひとつの要素として、裸族の二世帯住宅の下段HDD用のアクセスランプも点灯しない症状がありました。

前回、1年半前に調子が悪かった部位も、実は下段のHDDなのです。

スタンダードモードにて、上段と下段のHDDを入れ替え、再度繋ぐということもやってみましたが、やはり予想通りで下段(もともと上段で使っていたHDD)のHDDが認識されませんでした。

このことから、HDDケース「裸族の二世帯住宅」の下段部分に不具合が発生していると考えられると思います。

【2012/04/09 訂正】4月8日の時点で、灰色の文字色で記載した部分は、当方のマザーボードのS-ATAポートが「ポートマルチプライヤー」という機能に対応していない、もしくは有効になっていないために発生する事象のようです。ですので、前回記載したような製品の不具合だとは、断定できません。加筆する形にて訂正させて頂きます。誠に申し訳ございません。

さて、代替手段として…
(中のHDD自体には全く不具合がないので… )

  1. 自作PCにHDDを移植して、マザーボードの機能でRAID1を設定し、その領域をLAN経由でMacでも使えるようにする
  2. 代替の外付けケース(1台用)で、単体の外付けHDDとして使う
  3. 代替の 新しいRAID機能付き外付けケースに交換?する してしまう

このような方法が挙げられます。バックアップの面で負担が軽減されるRAID1を導入するために購入した「裸族の二世帯住宅」でしたが、HDDの寿命のみしか考慮していなくて、この製品・HDDケース自体の寿命までは考えていませんでした。

1. の方法は、既にあるものを利用した代替手段となります。けれども、BIOS等の設定が面倒だったり、本来はMacで使いたいのに、またWindowsの自作機の役割を増やして、管理が面倒だったりするかも…

2. の方法は、S-ATA HDD用のケースが余っているので、これも既にあるものを利用できます。しかし、既存のもののみを利用すると考えた場合は、2台のHDDに対して全く同じ方法は使えません。2台のHDDに対して同じ条件を与えたい場合には、全く同じ外付けHDDケースを2つ使わなければなりませんが、そのケースを1つ買い増ししなければなりません。

3. は、同機能、同等のRAID機能付き外付けケースを購入するとなると、また大きな出費がかさみます。費用対効果の面で、自分にとっては負担が大きいです。ですが、既存のHDDケース自体が正しく動作する条件も探ることもできます。

とりあえず、前回のポータブルHDDの買い増しをしたことが、ひとつの代替・バックアップの手段になっているので、中のHDDを再利用する方法については、焦って決める必要はありません。

さて、どんな方法で中のHDDを再利用しようかな…

大切なデータの保管庫を持ち運びできるようにしてみた

1年半ほどに、私が写真やムービー等のデータの保管に使っているHDDがあって、それの調子が悪くなったという記事を書いた事があります。

2010年11月13日 -?RAID1の外付けHDDでトラブル…その後の対処

その後、特に不具合に当たる事なく、このHDDを使い続けていたのですが、先日、また1年半前と同じ不具合に遭遇してしまいました。

前回の記事には
『私はファイルの整理のために「裸族の二世帯住宅」へ、別のHDDからファイルをコピーしていました。?』
とあるのですが、今回も全く同じ行為を行っていました。

どうやら、不具合を起こす原因が、この行為にあるようで、具体的には数十GB単位でデータの書き込みを行うと、この不具合に遭遇しやすくなりやすくなるようなのです。あくまでも自分の感覚で探った原因ですが。

同じ行為を他の外付けHDDで行った場合は、不具合は発生しないので、このRAID1の外付けHDD特有の現象だと考えました。
中のHDDを2台とも交換したりすれば、症状が改善する場合もありますが、今回は下記の方法で対処することにしました。 Read more 大切なデータの保管庫を持ち運びできるようにしてみた

2012/04/02(月) 気になったWebサイトまとめ(社会人1日目)

一時期、気になったWebサイトのリンクを貼って記事にしていたことがありますが、今回の記事はそれと同じスタイルの記事です。

今日から私は、とある企業の社員となりました。

その中で、公私にきちんと分別をつけて、きちんとした企業人になりつつも、プライベートでの趣味を続けたり、未だに達成できていない目標は、あきらめたりしたくないなという思いもあります。

そこで、更新が不定期過ぎるブログの更新頻度を改善し、なるべくブログの維持を心掛けることも、自分らしくいるためのひとつの方法かなと考えました。

今日は、土日にWebサイトの閲覧をしている最中、今後の社会人生活で、私にとって役立ちそうだなと思ったページの紹介です。

燃え尽きて(バーンアウト)いませんか? 自分の異変に気づいて修正する方法 : ライフハッカー[日本版]

昨年、就職活動や卒業研究を取り組んでいる途中で、何事にも力が入らなくなったりしたときがありました。
今も、そのときと似た心情になることが多々あります。

マンガで分かる心療内科・精神科in渋谷 第49回「プロフィールだけで、うつ傾向を見分ける方法」 | 渋谷/心療内科/ゆうメンタルクリニック 渋谷駅0分 渋谷駅・精神科・東京・カウンセリング

自分は好きなことばかり強く、多く主張して、自分を守ろうとする傾向もあるかなぁ…なんて思うこともありました。その例として、私のmixiやTwitterのプロフィール、かなり長い…

前述の主張が多い分、あとになってから苦しい思いをすることも稀にあります。
今まで主張してきた自分(まわりの評価)と、実際の自分の性格が一致しなくなるような感覚に陥るのです。

ブログの更新頻度や記事の内容にも現れている気がしますが、小出しに自分を出せるようになると良いのかな。

とにかく、私は自分を表現するのが下手だな…と思うので、上記のページを参考に、小出しに自身のアウトプットをしつつ、こまめに自分の生活を振り返りつつ、よりよい社会人の生活を目指せたらいいなと思いました。

— iPhoneから送信