MacBook(Proではない)のSSD交換、そしてWindowsのインストール‥‥その後の顛末

先月末に、MacBook Pro (Retina, 15-inch Mid 2014) を購入しました。

Crucial MX100 512GB 外箱

 

‥‥が、今回はSSDの写真が先頭に。

実は、MacBook Pro (Mid 2014)を購入する1ヶ月半ほど前に、2009年から使っているMacBook (Aluminum Late 2008)?の内蔵SSD(Intel 320シリーズの120GB)を、Crucial MX100シリーズの512GBのSSDへ交換していました。


Crucial MX100 520GB MacBook (Late 2008)へ内蔵したところ

「その1ヶ月半後に新しいMacBook Proを買っているのに、なぜ更に6年前のマシンにお金をかけているの‥‥?」

という突っ込みが来そうなところですが、
ちょうど今から2ヶ月半頃前から1ヶ月半頃前(MacBook Proを買う数週間前)まで、仕事の都合でしばらく自宅を離れる機会がありました。

普段はiMac (Mid 2011)を使っているのですが、それは、さすがに移動先には持っていけないことと、更にWindowsも使えないと不便なこともあるため、結果としてMacBook (Late 2008)に頼ることになりました。

Boot Campを使ってWindows 8.1もMacBook (Late 2008)にインストールをすることにもしました。
(これが、地元・自宅へ戻ってきてから、トラブルの要因となるのですが‥‥)

そのため、「120GBのSSDでは容量が心許ない。けれども、しばらく自宅を離れることを理由に、すぐに新しいマシンをホイホイと買えるわけでもない‥‥」
ということで、結果として、2度目のSSDの交換をすることにしました。

ちょうど、このSSD(Crucial MX100)が登場・発売されたばかりの頃で、この製品は今までのSSDよりも安めの値段で売られていました。

参考:Crucialの格安SSD「MX100」が発売、512GBで実売2.4万円 – AKIBA PC Hotline!

Crucial MX100は、6Gbps(SATA3)に対応しています。
しかし、MacBook (Late 2008)で、HDDやSSDをつなぐためのSATAの速度は3Gbps(SATA2)までの対応で、このSSDの本来の性能を発揮させることは、この環境ではできていません。

ですので、Intel 320のSSDを使っていたときと、体感速度は大して変わりませんでした。
容量が120GBから512GBへ増えて、窮屈な思いをする必要が全くなくなっただけです。

Windows 8.1もBoot Campを用いてインストールを行い、出先では、まあまあ快適にMacBook (Late 2008)を使っていました。

OS Xが起動しなくなる

MacBook Pro (Mid 2014)も手元に来て、気持ちよくMacBook Pro?(Mid 2014), iMac (Mid 2011), MacBook (Late 2008)の3台を使い分けていたのですが、自宅に帰ってきてしばらくした後、とあることがきっかけで、MacBook (Late 2008)のOS X 10.9 Mavericksが起動しなくなりました‥‥ Read more MacBook(Proではない)のSSD交換、そしてWindowsのインストール‥‥その後の顛末

MacBook Pro Retinaと一緒に使っているもの(自宅編)

先週(7/30・水)に購入したMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014) を自宅で使っている際に、一緒に併用している周辺機器を2つほど紹介します。

まずは、Ethernetのアダプタ、「j5 create USB 3.0 Gigabit Ethernet Adapter JUE130」です。

MacBook ProにはThunderbolt端子が2つあって、それをEthernetのポートへ変換するアダプタ(Apple Thunderbolt – ギガビットEthernetアダプタ MD463ZM/A)もあって、これはMacBook Proと一緒にアップルストアで買うこともできたのですが、MacBook Proを買った後に、電器量販店へ赴いて、あえてUSB 3.0接続のEthernetアダプタを買いました。

理由は、Thunderbolt端子を空けておきたかったからです。
この判断は、とりあえず間違いではなかったかなと思います。理由は後述します。

ちなみに、MacBook Proには、当たり前のように「AirMac(Wi-Fi)」に対応していますが、自宅ではLANケーブルを用いてネットワークに接続したいと考えていたので、わざわざ、これを購入しています。

私のAirMac(Wi-Fi)の環境(2009年に買ったAirMac Extreme)は非常に快適なのですが、大容量なデータをやりとりする際は、わずかですが、体感速度として有線での接続を使った方が速いからです。
(LinuxディストリビューションのDVD ISOファイルをダウンロードするときなど。仮想マシンで時々使います。)

いずれはMacBook Pro (Mid 2014) 側にあわせて、私のAirMacの環境も、IEEE802.11ac(従来のWi-Fiよりも速度が速い)に変えたいのですが、まだそれは時期が未定です。

次に、「Transcend USB 3.0 USB HUB TS-HUB3K」を買って、USB 3.0のポートを増やしています。

USB接続の外付けHDDを複数台使っていて、それにiTunesのライブラリだったり、未編集のムービーが保存してあったりして、それをMacBook Pro (Mid 2014)へ接続する為です。

MacBook Pro (Mid 2014)には、USBの端子が2つしかないので(iMacには4つあった上に、更にUSB 2.0のハブも併用していた。)、これも一緒に使っています。MacBook ProのUSB端子が3.0に対応(理論値で5Gbpsでデータ転送できる)していて、この製品も、USB 3.0対応のハブで、更に私が既に使っていた外付けHDDもUSB 3.0に対応している物が多く、「USB 3.0」の転送速度の恩恵を既に受けることが出来ていて、快適です。

…しかし、USB 3.0接続のHDD、動作させる為の環境を用意するのが、若干シビアな面があるようです。

「Transcend USB 3.0 USB HUB TS-HUB3K」には出力が「12V, 1.5A」のACアダプタが付属しているのですが、これを使った状態では、HDDが正しく認識されませんでした。

ただ、使っているHDD側もポータブルHDDが多く、HDD自体がUSBポートの電力供給に依存していることが理由だということもあるかと思います。
けれども付属のACアダプタでも、電力供給が足りなくなることは予想できませんでした。

そこで、手元にあった、出力が「12V, 2.0A」のACアダプタに交換したところ、HDDが非常に安定するようになりました。

USB 3.0の接続でも、安定してくれれば別に問題ないのですが、安定する環境を探るのに時間がかかってしまいました。

ちなみに、Windowsの環境でもUSB 3.0ポートを使ったことがあるのですが、やはりHDDが不安定になったことがあります。

こんなこともあり、「それなら、USB接続よりも若干値段が上がるけれども、今後、HDDを購入する際にはアップルストアでも取り扱いがあるThunderbolt接続のHDDを選んだ方が、安心だろう」と判断しました。

HDDが複数台入っているようなThunderbolt接続の製品を購入して、データの保管庫・バックアップの役割を持たせて使える日が来たらな、と思います。

これが「Thunderbolt端子を空けておいてよかった」理由です。

既に2011年末から使っているiMac (Mid 2011)も、USBは「2.0」までの対応ですが、Thunderbolt端子は持っているので。

筒形の新しいMac Proも、PCI Expressスロット等の本体内部の拡張機能を省いた分、Thunderbolt端子を6つも積んでいるくらいですし。

以上、MacBook Pro (Mid 2014)を、今現在はこんな環境で自宅で使っています。

MacBook Pro (Retina,15インチ, Mid 2014) を購入しました

前回、最後に書いた記事が4月30日のもので、かなりの期間が開いてしまいましたが、
その間は、心境だったり、生活だったり、また、仕事だったり‥‥色々なことに、また変化が起こっている最中でした。

先月の日本時間で29日(火)の夜、アップルのMacBook Proシリーズのマイナーアップデート(若干の性能向上)と、価格の変更がありました。

※モデル名では「Late 2013」から「Mid 2014」への変化

そして翌日の30日(水)、銀座のアップルストアにて、
私はMacBook ProのRetinaディスプレイモデル
(15インチ, CPU : Core i7 2.2GHz, メモリ: 16GB, SSD 256GB, グラフィックス : Intel Iris Pro)
を購入しました。

MacBook Pro (Retina 15-inch, Mid 2014)

発売日直後にMacを買うのは初めてのことです。
発売直後のMacが自宅・手元にあるのは、ただMacを新しく手に入れたときよりも、もっと大きなうれしさがあります。

購入した理由として、建前としては「仕事の内容が今までとガラリと変わった」ことが挙げられます。
とりあえず「仕事上でいろいろなアプリケーションを使う機会が増えました」とだけ、表現しておきます。

MacBook Pro Retina 15インチを外へ持ち運ぶ際ですが、光学ドライブがあるMacBook Proよりも本体が薄いので、13インチのMacBook (Late 2008)と同等か、それよりも若干軽いように感じます。

本音としての購入理由は、今までMacのノートブックとして使っていたMacBook (Late 2008, Aluminum UniBody)よりも新しいMacのノートブックが欲しくなったというのがあります。

「次にMacBook Proシリーズがアップデートされたら、買うことを考えよう」と思ったその日が、実は29日(火)でした。まさか、その日の夜にアップデートが来るとは思っていなかった‥‥
Mac本体の噂に関しては全く調べていなかったので。

MacBook (Late 2008)は、メモリを8GBにして使っていたりしましたが(HDDもSSDに換装して、諸事情がありまして、実はそのSSDも120GBから512GBに交換していたり。ブログ記事にはしていませんが。)、さすがに性能に限界を感じるようになっていました。

今後はMacBook Pro Retina (Mid 2014), iMac (Mid 2011), MacBook (Late 2008)の3台体制で、Macでの作業を行っていきます。

特にビデオや写真の編集ではMacBook Pro Retina (Mid 2014)を使うことが増えそうです。

iMac (Mid 2011)よりもCPUが良いですし、外付けのHDDをつないで大きなムービーファイルを扱う場合も、USB 3.0に対応していたりしますので。

ですがiMac (Mid 2011)はメモリが32GBあるので、例えば、仮想マシンが使いやすい‥‥といった長所があります。

また、MacBook (Late 2008)でも、近頃の負荷がかかるような作業でなければ、まだ難なくこなすことができるので、MacBook Pro Retina (Mid 2014)を手に入れてから一週間が経過した今、適材適所でマシンの使い分けを、既に行っています。