MacBook Proのセカンドディスプレイ

7月末に手に入れたMacBook Pro(Mid 2014)、今では私にとって一番使う時間の長いパソコン(Mac)となっています。

ちなみに、写真中のiMac(Mid 2011)も、もちろん、バリバリ現役で使っています。

iPhone 6 Plusを手に入れた日の2週間くらい前のことなのですが、
MacBook Pro(Mid 2014)に、新たに液晶ディスプレイをつなげ、「デュアルディスプレイ」の環境を作りました。

LG 22MP65VQ-Pを含む全体像

iMac(Mid 2011)の左側にあるディスプレイです。
LG電子 22MP65VQ-P(21.5インチ・フルHD解像度のディスプレイ)を購入しました。

近くのパソコン専門店で、1万5千円しない程の価格で購入しました。(きちんとした新品です)

机の右側に、
テレビ録画やBDの録画・再生を行うための映像再生専用PC、もとい自作パソコン(Phenom II X6)があり、
それで使っているディスプレイ(I-O DATA LCD-MF221XBR)も、iMac(Mid 2011)の右側に設置してあります。

22MP65VQ-Pは、MacBook ProからはThunderbolt端子からDVI端子へのアダプタを使って接続しています。
MacBook Proには、Thunderbolt端子が2つありますし、HDMI端子も内蔵されているので、その気になれば、右側にあるもI-O DATAのディスプレイも使えば「トリプルディスプレイ」が実現できます。

ただ、そこまで広い画面の領域を欲しく思うことは、まだないのですが。
もちろん実際に接続して試用はしてみました。現状では、さすがに広すぎました。

接続端子の切り替えが面倒に感じていたこともあり、I-O DATAのディスプレイはWindows専用にしようと考えています。

LG電子 22MP65VQ-P

I-O DATAの液晶ディスプレイは、5年くらい前に2万円を超える価格で購入しました。
22MP65VQ-Pは、5年前では少なくとも数万円は出さないと買うことのできなかったIPSパネルの液晶ディスプレイ(私のiMacやMacBook ProもIPS液晶)です。
それが今では1万円台で手に入るようになりました。

発色がとてもきれいで、非常に見やすいです。
MacBook Pro(Mid 2014)の高精細なRetinaディスプレイの補助として、とても良い描画をしてくれます。

※映像の表現は、ブログや写真だけでは難しいことに気づきました‥‥。

Read more MacBook Proのセカンドディスプレイ

iPhone 6 Plusを購入

9月19日(金)から、iPhone 6(4.7インチディスプレイ)とiPhone 6 Plus(5.5インチディスプレイ)が日本で発売開始となりました。

iPhone 6 Plus スペースグレイ

docomoのiPhone 6 Plus (スペースグレイ・128GB)を新規契約で手に入れました。

iPhone 6, 6 Plusの予約開始日だった12日(金)に、とある駅前にある家電量販店のdocomoのコーナーへ行き、予約(インターネット経由で予約を行うための手順が書かれた用紙を、その場でもらった)をインターネット経由でするようにとのアナウンスを聞いて、自宅にて、その予約を行いました。

発売日(19日・金)の仕事帰り(18時頃)に、家電量販店にて、新規契約の手続きを始めて、3時間ほど、契約・回線開通まで待機したあとに、iPhone 6 Plusを無事に手に入れることができました(21時頃)。

都内や大阪市内ではなく、郊外の地域にあるお店だったので、あまり大勢の人が集中することがないのかなと思います。
そういったことがきっかけで、発売日当日に手に入れることができたのかと予想しています。

銀座や心斎橋のアップルストアでは、iPhone 6, 6 Plusのためにできた行列で、大変なことがいっぱいあったようですが‥‥

iPhone 6 Plus と iPhone 5s

 

iPhone 6 Plusでは、例年通りにカメラの性能が上がったこと(Plus限定の手振れ補正など)と、画面の大きさが大きくなったということで、発表された後の情報を見て、購入を決意しました。

iPhoneで、今日のWebサイトを閲覧すると、スマートフォン向けに最適化されたレイアウトで表示されることが多いです。

それはそれで便利なのですが、たまにiPhoneでも、フルサイズなWebページを見たいと思うことがありました。
見られないわけではないのですが、さすがに画面のサイズが小さくて、閲覧時にストレスを感じます。そんなふうに思っていたら、ちょうど良いサイズのiPhoneが‥‥

本当は、上記の動機は建前で、
「iOSデバイスの画面サイズを征服したい」とか(3世代目だがiPadを所持している)
「今まで”S”のつくiPhoneしか買ったことが無かったから、iPhoneが大きくアップデートされるタイミングの製品を手にしてみたい」
というのが、今回、購入に踏み切った理由の本音です。

家庭の事情で、ソフトバンクのiPhone 5sも使い続けます。携帯電話の回線を今後は2台、使い分けます。

docomoでの契約で、「カケホーダイプラン」によってiPhone 6 Plusの方では電話が使い放題になりました。
インターネットの通信は、2GBまでの契約にし、U25応援割で+1GB、更にiPhoneでの契約なのでボーナスとして+1GB、期間に限りはありますが合計で月に4GBまでの通信ができます。

25歳以下だと、学生でなくなっても、まだ色々な特典を受けることができますね。ありがたいです。
ただ、もうすぐ上限の「25歳」の誕生日が近づいている‥‥

もし、この契約で通信料の上限が足りないと感じた場合、上限を2GBから上げようかなと思いますが、iPhone 5sやEMOBILEのPocket WiFi(6月に、GL01PからGL10Pへ機種変更しています)もあるので、不足することは起きないかなと思います。

今までのiPhoneも、ひと月あたりの通信料が4GBを超えたことが無かったとように記憶しています。

本当は新しいデジタルカメラなど、マルチメディア方面での新しいガジェットもいくつか欲しいものがあるのですが、カメラや画面が良くなったiPhone 6 Plusをせっかく手に入れたので、我慢しつつ、何でもiPhoneで済ませるようにして、頑張ってみようかと思います。

私のiPhone 6 Plusで、たくさんの写真やムービーを撮って、またネットブラウジングや音楽・ムービーの鑑賞などもたくさん行いたいです。