音楽と静寂(ウォークマンとヘッドホン)を手に入れた

2ヶ月以上前の話なのですが‥‥

オーディオ機器の記事は、9年前に書いていた80年代のオーディオ機器を分解・修理して、また使えるようにしたとき以来でしょうか。

これがどうしても欲しくなり、手に入れてしまいました。
4月下旬にソニーのオンラインストアで注文し、7月の上旬に届きました。
ソニーのウォークマン(NW-A35/SA/B)と、ワイヤレスヘッドホン(MDR-1000X)です。

ウォークマンは「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(以下、劇場版SAO)のコラボモデルで、型番が通常モデルとは違います。

ウォークマンに関しては、劇場版SAOとのコラボだけに目がいき、買った感じが否めません。
ヘッドホンも、上記と同じく劇場版SAOとの(MDR-1000Xとは違う製品による)コラボモデルがあったのですが、買おうか悩んでいる間に、ヘッドホンが「予想を上回る注文が集まった」ということで、注文ができなくなってしまっていました。

コラボモデルのヘッドホンのみは諦めた‥‥というよりも、諦められず、コラボモデルよりも上位のMDR-1000Xを注文してしまいました。

理由として、MDR-1000Xは、上記の映画の劇中で、主人公の「桐ヶ谷和人(キリト)」くんが愛用しているシーンが描かれているからです。解釈によっては、このウォークマンと組み合わせてMDR-1000Xを使えば、これはこれで、コラボモデルっぽくないかな?と思いました。

NW-A35/SA/B & MDR-1000X

NW-A35/SA/B & MDR-1000X 製品画像NW-A35/SA/B 裏面

ヘッドホンはBluetooth接続で、一緒に買ったウォークマンで使えますし、普段使っているiPhoneでも使えます。

ウォークマンと一緒に使った場合は、Bluetoothの接続方式(LDAC)により、ハイレゾ音源を聴くことができます。

ヘッドホンに一番期待していたのはノイズキャンセリングの機能です。

ゆっくりと休憩したいときに入った喫茶店が、たまたま、会話の音や、環境音などで騒がしかったり、混雑した電車内で周りの音が不快なときに、ノイズキャンセリングの機能が、とてもよく働いてくれました。

これを使うと、移動中の疲れ方が、だいぶ違ったり、休憩中なのに周りの環境音により受ける負担がだいぶ軽減できる気がします。

逆に、少しコンビニに立ち寄ったり、道を歩いたり、ちょっとした会話をするときは、ヘッドホンを付けたままでも、まわりの音を耳まで届けてくれる機能(ノイズキャンセリングとは反対のことをしてくれる)があるので、ヘッドホンを付けたままでも、とても便利です。

音楽再生に関しては、気持ちの問題かもしれませんが、ウォークマンとの組み合わせで音楽を聴いているときの方が、音がドッシリとしていて、音質が良いように感じました。
逆に、iPhoneなどで聴くと、悪い音ではないのですが、少し音が軽く感じます。

MacBook ProやThinkPadとも、Bluetoothで接続して、パソコンの音声再生デバイスとして使えます。

2006年からiPod、2009年からはiPhoneを使っていて、初めてデジタル音楽プレーヤーとして、ウォークマンを手に入れました。

11年間、ずっと音楽ファイルに関してはiTunesを使っていますが、ソニーのContent Transferというソフトを経由すれば、iTunesの音楽をウォークマンに転送することができます。

本体内蔵の記憶領域(メモリ)が16GB、microSDカードが使えるので、128GBのmicroSDカードを入れて使い始めました。

ウォークマンは、主にアルバムを丸ごと、または特定のジャンルの楽曲をゆっくり聴きたいときに使っていて、適当にシャッフル再生で音楽を聴きたいときは、今まで通りにiPhoneで聴いています。

夏から冬へタイムスリップ WindowsやiPod touch 5Gなど…

大学生時代よりも、ブログの更新頻度がめっきりと減ってしまいました。
お久しぶりです。秀々車輪です。

※更新していない期間にも、アクセスしてくださる方がたくさんいらっしゃるようです。ありがとうございます。とてもうれしいです。

TwitterをはじめとするSNSでも、いろいろなことを今までのように書いたり、話したりしたいけれども…
仕事が忙しいせいなのか、自分の立ち振る舞いが不器用なのか…(両方あると思います)プライベートな時間を思うように取れません。満足な睡眠も取ることができていません。

とはいっても、最低限の買い物へ行く時間などはあります。
7月に旅行へ出かけたり、8月には車の運転中に助手席にビデオカメラをセットし、私が運転する景色を撮影する、といったこともやってみました(首都圏の内陸のとある街から、とある街へ、カーナビでは探索されないルートを通った記録なので、できたら編集をして公開したい)。

ムービーを撮る機会があり、未編集のファイルが溜まってしまうかも?と思い、3TBの内蔵HDD(Seagate Barracuda 7200.14 3TB / ST3000DM001)を購入しました。手元に余っているケースを流用して、iMac (Mid 2011)へ繋いで使っています。
(時間が思うように取れなくて、本当に未編集のファイルが減らなくなってしまっている…)

iMac (Mid 2011)には、Boot Campを利用して、Windows 7 Ultimateを導入しました。メモリを16GB積んでいるので、インストールをしたのは64bit版です。
そして10月26日に、Windows 8がリリースされました。優待アップグレードのプログラムを利用して、インターネット経由で、1,200円でWindows 8 Proへ、早速アップグレードしました。

RailSimをiMacで動かしたくて、Windowsを導入することにしたのですが…(このiMacにはCPU、グラフィックス性能、メモリ容量に余裕があると考えていたので。CGを多く使うソフトやゲームが快適に動きそうです。)
RailSimは、大学生時代、使って遊んでいたことがあります。
息抜きで、また遊びたかったのですが…手がつかなかった… Windows 7, Windows 8へのアップグレードをして、その後あまり進展がありません。

前回の記事投稿から、今回の記事投稿までの間に、iPhone 5も発表・販売開始されました。
私はiPhone 4Sを使っています。iPhone 5にする予定は… 今のところありません。

けれども、その代わりとしてiPhone 5と同時に発表があった5世代目のiPod touch ?(PRODUCT)RED 64GBをアップルストアにて購入しました。

イー・モバイルのPocket WiFi LTEがあるので、外ではそれと併用をしています。
自室では、ベッドサイドなどで主に使います。新しい付属のイヤフォン「EarPods」が気に入りました。耳にジャストフィット、音も聞き取りやすいです。マイクとリモコンがついている、EarPodsの単品も購入しました。(下の広告で出ているものがそれです。)

画面が大きくなり、TwitterやWebサイトが見やすいです。発信せず、閲覧するだけのことが多くなってしまいましたが。

? 新しいiPod touchではもちろん、iPhone 4Sでも使えます。そのために買いました。

?今までに複数のiOSデバイスやiPodを買って、Dockケーブルを複数持っています。新しいiPod touchではケーブルの接続方式がDockからLightningに変わり、この変換アダプタが重宝しています。

おまけ(追記として)

Read more 夏から冬へタイムスリップ WindowsやiPod touch 5Gなど…

フルHDムービーが撮りたくてビデオカメラを買い増しへ

私は遠出や旅行の際にはデジカメとビデオカメラの両方を持って行って、それをパソコンに取り込んで、管理したり編集したりすることを中学生の時からやっています。

そのなかで使っているビデオカメラが2000年製のもので、miniSDテープに記録する方式で、720x480pxのSD画質で記録するタイプでした。(SONY ハンディカム DCR-TRV20)

なう。 on Twitpic
DVDやYouTubeへアップロードするような用途なら、この性能で十分なのですが、最近のビデオカメラはフルHD画質で記録できる上に、キャプチャ(パソコンへの映像の取り込み)はUSBケーブルででき、さらに等倍速でやる必要もない…(DCR-TRV20は、等倍速、すなわち録画したものを再生しながらパソコンでキャプチャする必要があります。転送にはFireWireを用います。)

Intel Macを使うようになってから、ビデオカメラも新しい物を使いたいなと考えていたのですが、昨日、ついにその願いが叶いました。

SONY HandyCam HDR-CX180 on Twitpic

上記のビデオカメラと同じく、SONYのハンディカム、HDR-CX180を購入しました。

価格、性能、デザイン、サイズを考え、これを選びました。

DCR-TRV20は、当時は上の方のラインナップに位置する機種だったと思いますが、今回のHDR-CX180は現行のSONYの機種の中では下の方のラインナップに位置する製品のようです。
しかし、解像度や記録方法、パソコンとの連携方法などを考えると、上位とか下位とか、全く気になりません。
更に、DCR-TRV20よりも小さなサイズになって、重量も軽くなって、大満足です。
付属品と同じバッテリーも別途購入、内蔵メモリも32GBあり、それなりの長さで録画することができそうなので、とても満足しています。

DCR-TRV20は故障したわけでもなく、今後も使うつもりなので、今回のHDR-CX180は、買い増しという解釈をしています。

次の遠出や旅行が楽しみです。

昔使っていたアナログテレビキャプチャボードで地デジを録画する

さて、突然ですが、私は地デジを視聴・録画できる環境を既に持っているのにも関わらず、地デジを視聴するための「チューナー」を、新しく買ってしまいました。
UnidenのDTH11です。地元のホームセンターで、3,980円でした。

Uniden DTH11 パッケージ

地デジの映像をRCAケーブルで出力することができ、視聴録画機能もついています。観たい番組を予約しておくと、その番組が始まる時間と同時にDTH11の電源が入り、番組が終わると自動的にDTH11の電源が切れます。

Uniden DTH11 内容物
地デジチューナーに必要な「地デジの放送の受信とアナログ信号による映像の出力」の機能はもちろん、視聴録画機能がついているチューナーで、3,980円というのはとても安いと思います。他の製品で、同等機能・同等価格で売られているものを見たことがありません。

話は変わって──

Read more 昔使っていたアナログテレビキャプチャボードで地デジを録画する