丸1年経たないうちに

前回の記事(2016/06/07)を書いてから丸1年経たないうちに、新しい記事を書いておこうと思います。

昨年の8月に、Nikon D5300を買いました。

かなり前からデジカメで撮った写真をPhotoshopを通して、最終的に印刷をして知り合いに配ったり‥‥といったことをやっていましたが、カメラにこだわったことはありませんでした。
初めての「デジタル一眼レフカメラ」を手に入れました。
きっかけはコスプレに手を付け始めたことが理由です。イベント等々、だいぶ参加させて頂いております。

レンズはとりあえず、標準レンズのみ‥‥
そのうち、時期が来たら、単焦点レンズと広角レンズが欲しいです。

そのかわりに、MacBook Pro (Mid 2014)を買ってから、使う回数が極端になくなってしまっていたため、iMac (Mid 2011)が旅立ちました(買取に出しました)。D5300の購入費用捻出のためでした。
あと、机の上に置きっぱなしで、宝の持ち腐れでしたので‥‥Nikon D5300
iMacは8GBのメモリを4枚積んで、合計32GBのメモリ容量にしていましたが、さすがにそのままの構成では買取に出さず、標準構成の4GBに戻してから、旅立ってもらいました。今までありがとう。

ThinkPad X220 メモリ16GB

その外したメモリのうち2枚を使って、2015年に買ったThinkPad X220のメモリを16GBにしました。

ブログの更新頻度にも表れていますが、あまりにも身体が重たくて、フットワークが重たいところを何とかしたいなと思っています。

どうしても僕に必要なのは、落ち着ける場所

現職に転職してから、もうすぐ1年が経過します。

1年前の私の部屋と、今現在の私の部屋。
Mac・パソコンから、テレビ周りが、大きく変わったことに気づきました。

Mac・パソコン・テレビ・AV環境

MacBook Pro購入後、数ヶ月にわたって、テレビが20インチ(シャープ?LC-20DZ3)から32インチのフルHD対応のもの(ソニー?KDL-32W700B)になったり、それにBDレコーダー(ソニー?BDZ-EW1200)がついたり‥‥

特に深く考えずに、ひとつずつ機材を揃えていったのですが、自室にあるひとつのイスに座っているだけで、落ち着いた気持ちでMacに向かったり、好きなテレビ番組やビデオなどを楽しめる環境になりました。

現職は、急な予定変更が生じたりなどといった「イレギュラー」なことが多い仕事です。
ありがたいことに、身近な周りの方々の支えもあり、何とかこなせています。
けれども、非常に精神面と体力を消耗してしまいます。

Read more どうしても僕に必要なのは、落ち着ける場所

謹賀新年2015 & MacBook (Late 2008)のSSDをHDDへ

2015年になりました。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

…早速ですが、
Crucial MX100シリーズの512GBのSSDを入れていた、MacBook (Late 2008)(以下、MacBook)ですが、このSSDを、東芝製 2.5インチHDDの MQ01ABD100(1TB 5400rpm)へ交換しました。

東芝 2.5インチHDDのMQ01ABD100(1TB 5400rpm)

理由は、MacBookでBoot Campを通してWindowsを使うことを諦めきれなかったためです。

数ヶ月前の記事にもありますが、このSSDでは、Boot Campを使うと、OS Xの起動が、やがて出来なくなるという不具合が起こっていました。

最初はWindows 8.1 64bit版を使っていましたが、試しにWindows 7 32bit版でも試したところ、同じ症状が起こりました。

「おそらく、このSSDと、Boot Campの機能の相性なのでは‥‥」というのが、現状の私の結論です。

現在、MacBookは、仕事場に持ち込んで使うことも多くなりました。
(仕事場で私物のパソコンを使うことは禁止されていないので)

私物を上手く使うことで、仕事の作業効率が上がったりするような環境で現在、働いております。
そこで、OS XとWindowsの両方が使えると非常に重宝するのです。

SSDを更に別の製品へ変えることも考えましたが、「もしかしたら1TBの大きな容量のHDDなら、SSDと互角の速度は実現しなくとも、実用には耐えうる速度は出るのではないか」と思い、「SSDからHDDへ戻る」という行為に至りました(まぁ、「戻る」とは言っても、容量のみを考えれば「アップグレード」になるのですが)。SSDよりもHDDの方が、価格としては圧倒的に安いので。

SSD(Crucial MX100)をHDDへ交換し、OS Xの環境を復元すると、やはり起動などの速度は低下しました。
ただ、3分程度、OS Xの起動を待っていれば、Macの機能は普通にストレスなく使えます。もちろん、MacBook Pro (Mid 2014)には敵いませんが。

けれども、許容範囲の操作性です。

その後、一旦作業を中断し、また再開するような事態があれば、MacBookをスリープさせればいいかな‥‥と。そうすればシャットダウン→起動の時間を、再度、気にすることもありません。

OS XとWindowsの領域の割り当てについてですが、どちらのOSも、およそ500GBほどのところで区切っております。
Windowsは「Windows 7 32bit」を選びましたが、正直なところ、現状ではOS Xよりも起動が速いです。

HDDのパーティションの区切り方に、実際に必要な容量(どちらのOSも、私の場合多くても250GBくらい)よりも多く割り当てることができているため、HDDとしても動作に余裕があるのではと思います。

USBによるストレージ大容量化には限度がある

7月末に購入したMacBook Pro Retina (Mid 2014)、メールチェックなど、常日頃から使うマシンとして稼働させています。

ムービーや写真などを含めて、このMacBook Proで何でもやらせているので、外付けHDDなどによってストレージなどの拡張をしています。
「Transcend USB 3.0 USB HUB TS-HUB3K」を買って、USB 3.0のポートを増やしていました。

先述の記事にて記載していますが、電力不足が原因となり、外付けHDDが正常に動かなくなるなどの問題がありました。

ACアダプタを交換するなどして、一応は安定していたように思えていたのですが、結局のところ、それでも不安定になってしまう(電源が落ちる)ときがありました。

そこで、もっと良さそうなUSB 3.0対応のハブは無いかと探していたところ、Anker社の製品(AH240)にたどり着きました。

Anker AH240

 

Anker AH240 2

 

Read more USBによるストレージ大容量化には限度がある