アップル、iPad 2, iOS 4.3を発表

つい先ほど、新型の「iPad 2」と、iOSのマイナーバージョンアップ版「iOS 4.3」の発表が、米Apple社より行われました。

療養中だったスティーブ・ジョブズCEOが発表に登壇したそうです。がん治療とか、余命があとどれくらいだとか、噂が流れていましたが、まだまだ元気だったんですね。

各実況サイトやAppleの公式サイトを見つつ、私なりにこの記事で発表を要約してみます。

iPad 2

  • デュアルコアのApple A5プロセッサ搭載(初代iPadはA4プロセッサ)。初代と比べると2倍のスペック。グラフィック部分は9倍のスペック。
  • 初代iPadの厚さは13.4mm、iPad 2は8.8mm。3G版は初代では730g、iPad2は613g。
  • 本体が薄くなっていても初代iPadの連続使用時間(10時間)は変わらず
  • ブラックモデルとホワイトモデルの2色をラインナップ、容量は初代と同じ16GB/32GB/64GB
  • iPhone 4、4G iPod touchと同じように本体前面・背面にカメラを搭載
  • 3Gモデル、アメリカではAT&TとVerizonの3Gネットワークで使用可能
  • Dockを介して利用するHDMI出力アダプタが$39、1080pによる映像出力が可能
  • アメリカでの発売日:今月11日、日本での発売日:今月25日
  • 日本の風呂の蓋に似ている「iPad Smart Cover」は10色のラインナップ

アップルのiOS向け純正アプリケーション

  • iMovieがiPhone 4、4G iPod touchに引き続きiPadに対応。オーディオ機能の強化、HDビデオに対応など…
  • GarageBandもiPad版が登場。
  • iMovieも、GarageBandも$4.99。リリースは11日。

iOS 4.3

  • AirPrayの機能改善、ムービー、音楽に引き続き写真も楽しめるようになる。
  • WebブラウザのSafariに「Nitro JavaScriptエンジン」を搭載。JavaScriptがiOS 4.2の2倍の速度で動く。
  • 「iTunes ホームシェアリング」に対応。Mac/PCのiTunesライブラリをiOS端末上で再生可能に。
  • iPadについている「スイッチ(iOS 3では回転ロックスイッチ、iOS 4ではミュートスイッチに変更された)」が、iOS 4.3では「回転ロックスイッチ」と「ミュートスイッチ」の役割をユーザーが選択できるようになる。
  • Verizon版以外のiPhone 4では「パーソナルホットスポット(3G回線をWi-Fiのアクセスポイントにして利用する)」が利用可能に。この機能は、日本では使えない。他国もキャリアによって対応の有無が異なる。
  • リリースは11日から。Verizon版以外のiPhone 4、iPhone 3GS、4G/3G iPod touchに対応。

さて── Read more アップル、iPad 2, iOS 4.3を発表

今、自分のiPadに思うこと

日本時間の今夜、米Apple社が発表会を行います。
関係者に届けられた招待状には、明らかにiPadの発表だとわかるデザインのものが届いているそうです。

もし、ここで次期iPadが発表されたら、私が6月から持っているiPadは旧製品となってしまいます…

買ったのは6月、既に半年以上経っています。まだそれだけの月日が経っている実感が湧きません。

このブログでもiPad自体の使い方を取り上げることは、多くありませんでした。
iPadからインスピレーションをもらって、書いたことは幾つかありますね。複合機プリンタで、雑誌の電子化などを試みたりしました。

iPadが私の手元に来たことは、とても嬉しいことでした。

その嬉しい気持ちが強すぎて、私の中のiPadに対するイメージを「特別なもの」という風に変え、iPadを購入してから1ヶ月くらいの間は、iPadのアプリを一通り揃え、アプリをiPadにインストールしたことによって増えたiPadのホーム画面を何度も遷移させて、楽しんでいました。外出時にはあえてiPadを持ち歩かなかったぐらいです。(余程の変人ですね、私は。)

いや、それだけじゃ嬉しくても意味が無いのに。使いこなさなきゃ…

それだけ、iPadは私にとって「すごいもの」でした。
そして、秋頃から徐々にiPadの「使い方」を模索しはじめ、今に至ります。

Read more 今、自分のiPadに思うこと

[自作機]データ置き場としての役割「オーディオ出力」

テレビ自作機をデータ置き場に…更に他の役割も今後は | 林檎で作ろう楽しもう
テレビ自作機をデータ置き場に…更に他の役割も[補足] | 林檎で作ろう楽しもう

先日、私がMacの補佐的な役割として使っている「自作パソコン」に、HDDを増設(iMacからの移設)したことを紹介しました。

HDDを増設し、Macで扱っているデータ全てのバックアップを取るための用途として使いはじめたところまでは、前回までに紹介しました。

さて、ここから、この自作パソコンが地味に活躍してくれて、私の楽しいMacライフを補助してくれるような役割はないかと考えていたところ…

iTunes×AQUOS×Audio

自作パソコンでも、Macと同じようにiTunesを使ってメディアファイルを“再生”することにしました。

iPhone, iPod, iPadの同期など、もちろん今までと同じようにMacのiTunesも使い続けます。

前回、増設したHDDはLAN内で共有をかけてあることを紹介したように、普段私が家で使っている幾つかのパソコンは、全てがLANを通して繋がっています。

自作パソコン(Windows Vista)のiTunesで「ホームシェアリング」の機能を有効にすることによって、MacのiTunesと自作パソコンのiTunesのライブラリの内容を同一の物にすることができるようになります。

iTunesの「ホームシェアリング」は、Apple IDを利用し、最大で5台までのパソコン同士でiTunes内のライブラリを共有することができる機能です。以前から、iTunesにはライブラリを共有する機能がついていましたが、その機能ではストリーミングによるメディアファイルの再生しか行うことができませんでした。
「ホームシェアリング」では、ストリーミングによる再生だけではなくて、ひとつのApple IDにより「ホームシェアリング」を有効にしたパソコンで、LANを通して、iTunes Storeで購入したアプリや楽曲を、ローカルのストレージにコピーしつつ共有することができます。

これをMacと自作パソコンの間で行うことによって、MacのiTunesライブラリの「バックアップ」も兼ねることができるようになりました。
初回にライブラリを複製・共有する場合は、MacのiTunesから全てのファイルをコピーする必要がありますが、それ以降はiTunes Storeで購入した物は全て自動的にiTunesが差分コピーを取ってくれます。
(しかし、ユーザー自信がCDよりインポートした楽曲ファイルは、自動的ではなく、手動で行う必要があるようです。)


自作パソコンは、昨年にBD-ROMドライブを増設した際に紹介したときのように、オーディオに音声出力ができるようにしています。(上の画像のテレビはAQUOSが来る前のものです)

アナログ音声出力/HDMI音声出力 の切り替え

普段、自作パソコンの音声はHDMIケーブルにより映像と一緒にAQUOSに出力しています。自作パソコンではDVDやBlu-ray Disc、その他にも様々な映像が見られるので、こうしておくと便利だからです。

でも、音楽の時はAQUOSに内蔵されているスピーカーでは物足りません。
オーディオにも音声が出力できるようになっているので、 iTunesを使う時は音声出力の設定を変更し、iTunesを起動したあと、AQUOSの電源は切ってしまいます。

iOS端末からRemoteでiTunesを操作

一度、iTunesを起動しておけば、iPadやiPhoneのアップル純正のアプリ「Remote(無料)」を使って、音楽を選んだり、再生・停止などの操作をしたりすることができるので、AQUOSの電源をOFFにした状態でも、オーディオの電源を入れておけば、音楽を聴くことができます。

今更ですが、iDiskを使いはじめました

私はアップルのMobileMe(年間9,800円)を利用しています。

学生にとって、年間9,800円は大きな出費ですが、これに加入しておくとMac・iPhone・iPadの間でSafariのブックマークや、連絡先の同期を素早く行うことができます。
もし、iPhoneやiPadを紛失したときには、GPSを使ってiPhoneやiPadの現在位置を把握することもできます。

MobileMeの一番大きな特徴が、20GB(@me.comのメールサーバ、iWebによるWebサーバの容量も含む)のオンラインストレージ「iDisk」を利用できる点だと思います。
このオンラインストレージへは、Mac OS XのFinderから直接アクセスすることができます。

iPhoneやiPadからは、専用アプリの「MobileMe iDisk」をインストールすることによってアクセスをすることができます。

実は私、MobileMeに加入していながら、つい最近までiDiskをほとんど利用していませんでした。
その理由は…MobileMeのiDiskを積極的に使おうとは思わなかったことです。家から大学へ何らかのファイルを持って行く時が頻繁にあるのですが、その時はUSBメモリを使っていました。もちろんこのような用途でも、iDiskを使うことは可能なのですが、USBメモリの方が楽な感覚で使うことができたのです。

アップルが好きな私ですが、このように「アップルが提供してくれている便利なものを使っていない」というところも、実はあったのです。

MobileMeも、最近流行の「クラウド」なサービスの1つですが、似たような「クラウド」のオンラインストレージサービスの一つに「Dropbox」があります。
なぜか私は、Dropboxの方は以前から頻繁に利用していました。 Mac間でのファイルのやりとりと、同期がDropboxでは高速に行えるからです。(条件によっては、有料のiDiskの方が極端に速度が遅くなることがある)ただし、無料のプランを利用しているため、Dropboxのストレージ容量は3GBと、iDiskよりも大分少なめです。

そして、なぜ急に「iDisk」を使いはじめたかというと──

今年度の後期から、大学の講義で配られた資料などを、スキャナで電子化してiPhoneやiPadでいつでも閲覧できる状態にしようと思ったのです。
そうすることによって、何度でも資料が閲覧でき、本物の資料を自宅に忘れてしまった時でもiPadがあれば安心できます。(でも、授業中にiPadを開くということを、まだやったことがありません。休み時間とかなら使えるよね。)
iPhoneやiPadでも、前述の「Dropbox」を利用することができます。しかし、容量が3GB。資料を電子化すると、ものによっては十数MBという大きさになりました。

「塵も積もれば山となる」で、これではDropboxが近いうちに満杯になってしまいそう。
それじゃあ、20GBの大容量なiDiskを積極的に利用してみよう。

と、いうことでiDiskを積極的に利用してみることにしました。
※自宅のローカルストレージには、きちんとバックアップを作成してあります。

最近では、アップル社のiWork(Pages・MS Wordに相当するアプリ)で、自分専用のメモや講義のレポートなどを作成することが増えました。
体裁が指定されているレポートでは、現状ではマイクロソフトのWordを使うしかないのですが… それ以外の時は全てPagesです。

iWorkはMacでもiPadでも利用することができます(アプリは別売り)。
iPadのiWordは、9月のアップデートによって、iDisk内にあるiWorkのファイルを簡単に編集できるようになりました。(というか、なぜ今までiPad版iWorkはiDiskに対応していなかったの?)

iPadのiWorkがiDiskに対応したことによって、iDiskを使わない理由はなくなりました。

iDiskから講義資料を何度も読み返すことができ、レポートを書く必要があれば、iPadからでもMacからでも作成をすることができる。
(同じアップルの製品であるMac・iPad間でも多少の互換性の問題は発生しますが、テキスト程度なら問題ありません)

あと、せっかくMobileMeに加入しているのだから、活用しないと勿体ない。

肝心の使用感についてですが──

場合によっては速度が遅い気がすることもありますが、講義資料1つ程度の容量なら、大したことはなかったですね…

iPadの画面は、視野角が広くて発色がきれいな「IPS液晶」です。講義資料の確認が非常にしやすい。
また、iPadは起動時間も短く、iDiskのアプリも即座に起動することができます。操作も簡略化されています。「素早くファイルを閲覧・素早くPagesからレポートを作成」このようなことができます。
電車で移動している時や、大学内での空いた時間などに…とても便利です。
自宅など、Macを広げる余裕のあるところでは、普段から使い慣れているキーボードを使って、レポートの続きを作成することができます。

iPadは、手に入れてから4ヶ月が経過したところです。
なんだか、やっとiPadの使い方に慣れてきたり、使い方を自分から開拓できたりすることができてきたような気がします。