2011/06/07(火) 気になったWeblinksまとめ

[「ムカッ」「イラッ」ときたら、ちょっと一息…賢くリベンジするコツとは? : ライフハッカー[日本版]](http://www.lifehacker.jp/2011/06/110511smart_revenge.html)

[速報:アップル WWDC 2011 基調講演](http://japanese.engadget.com/2011/06/06/wwdc-2011/)

[アップル iOS 5 発表。OTAアップデート対応や、Twitter統合など](http://japanese.engadget.com/2011/06/06/ios-5/)

Mac OS X 10.7 Lionは、「10.4 Tigerから10.5 Leopard」「10.5 Leopardから10.6 Snow Leopard」のときのようなメジャーアップグレードのときよりも沢山の新機能を搭載し、大きなアップグレードとなるようなので、ただただ驚くだけです。
iOS 5も同じく。iCloud、いつもよくつかうTwitterの機能を統合‥‥

24時間365日、常にアンテナを張っていないと技術の進歩にどんどん追いつけなくなりそうです。

iPad 2とiPhone 4 Whiteの実機を見てきた感想

昨日(28日・木)はiPad 2が日本でも発売が開始され、同時にiPhone 4のWhiteも(昨年の6月に発表されてから…やっとのことで)発売開始になりました。
私は当日、都内に用事があり、その途中で電器量販店に立ち寄って、iPad 2とiPhone 4 Whiteの展示機に触れてきました。

まずはiPhone 4 Whiteの感想から。
iPhone 4の発売日直後に、既に今までから出回っていた黒いiPhone 4には触れたことがあり、それに搭載されているRetina Disprayに対してものすごく興味を抱いていました。
高解像度で高精細、iPhoneのUIが印刷物のように見やすく、キャンディーのように美味しそうに見えました。
私がiPhone 3GSに機種変更する前に使っていたSoftBank 910SHの液晶画面もiPhone 4と同じような高精細液晶でしたが、私はMac OS XやiOSのようにフォントの表示にスムージングがかかっているほうが好みなので、iPhone 4の画面はとても魅力的に感じました。
iPhone 4 Whiteでは、画面の周りが白い分、Retina Disprayが黒いiPhone 4よりも更に鮮やかに見えた気がします。
私のiPhone 3GSは裏面が白いモデルですが、画面周りのガラスは黒いです。もしかしたらそれが影響して、画面の周りが白いiPhone 4 Whiteの画面に、自分の目が慣れていなくて、単純に新鮮さを感じただけかもしれません。

次に、iPad 2の感想です。触ったのはiPhone 4と同じくホワイトモデルでした。
まず、ホーム画面のページめくりが滑らかなことに気づきました。初代iPadと比べると、ホーム画面のページめくりでは、フレームレートが多く、滑らかに見えたような感じがします。アプリのアイコンをタップして、アプリが起動するまでの動作中に行われるアニメーションももちろん滑らかで、「機械を操作している」という感覚とは少し違う、気持ちの良い感覚でiPad 2は操作できる気がしました。
それと、アップルの発表の通り、初代iPadと比べると重量が軽くなっています。これも 「機械を操作している」という感覚を忘れさせる原因のひとつになったと思います。ホワイトモデルで、見た目からも「軽そうだ」という印象を感じました。

参考
iPhoneホワイトモデル、明日登場 – http://www.apple.com/jp/news/2011/apr/27iphone.html
iPad 2、日本、香港、韓国、シンガポール、その他8カ国で今週発売 – http://www.apple.com/jp/news/2011/apr/27ipad.html

Appleの新しいFinal Cut Pro X

参考元
Appleが64ビット/マルチコア対応Final Cut Pro Xを発表 – TechCrunch Japan
http://jp.techcrunch.com/archives/20110412apple-announces-final-cut-pro-x-at-nab/

アップルが発売しているMac OS X専用のビデオ編集ソフト「Final Cut Pro」の新バージョン「Final Cut Pro X」が発表されたそうです。
Mac OS X 10.6 Snow Leopardにも搭載されているOpenCLやGCDなどが採用されていたり、UIが一新されていたり…今までのFinal Cut Proとは全く違うアプリケーションになっているようです。

現行の「Final Cut Studio」や「Final Cut Express」との関係はまだ定かにはなっていませんが、6月に299ドルでMac App Storeからリリースされるとのこと。

「Final Cut Studio」に同梱されている他のアプリケーションに搭載されている機能の一部も「Final Cut Pro X」に統合されているとか…

現行の「Final Cut Studio」に含まれている「Final Cut Pro」の廉価版が「Final Cut Express」という形態になっています。
「Final Cut Studio」が999ドル、「Final Cut Express」 が199ドルの設定になっています。
「Final Cut Pro X」は、現行の「Final Cut Pro X」の値段に近いので、もしかしたら”Pro”と”Express”の両方の後継バージョンなのでしょうか…

私事になりますが──

Read more Appleの新しいFinal Cut Pro X

スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記が2012年に登場

参考元
公認スティーブ・ジョブズ伝 ” iSteve “、2012年に出版 – Engadget日本語版
http://japanese.engadget.com/2011/04/11/isteve-2012/

アップルのCEO、スティーブ・ジョブズ公認の伝記が来年に出版されるそうです。

アップルの創業、アップルからの追放、アップルへの復帰とアップルの成長──

崇拝…とまではいきませんが、スティーブ・ジョブズCEOの生き様には尊敬したいところがたくさんあります。

本人、家族、同僚、そしてライバルなどのたくさんの人々にインタビューして書かれているそうです。
刊行形態は決まっていないそうですが、私の尊敬するスティーブ・ジョブズCEOの伝記、ぜひ和訳されていない原文のまま読んでみたいです。