2011/06/07(火) 気になったWeblinksまとめ

[「ムカッ」「イラッ」ときたら、ちょっと一息…賢くリベンジするコツとは? : ライフハッカー[日本版]](http://www.lifehacker.jp/2011/06/110511smart_revenge.html)

[速報:アップル WWDC 2011 基調講演](http://japanese.engadget.com/2011/06/06/wwdc-2011/)

[アップル iOS 5 発表。OTAアップデート対応や、Twitter統合など](http://japanese.engadget.com/2011/06/06/ios-5/)

Mac OS X 10.7 Lionは、「10.4 Tigerから10.5 Leopard」「10.5 Leopardから10.6 Snow Leopard」のときのようなメジャーアップグレードのときよりも沢山の新機能を搭載し、大きなアップグレードとなるようなので、ただただ驚くだけです。
iOS 5も同じく。iCloud、いつもよくつかうTwitterの機能を統合‥‥

24時間365日、常にアンテナを張っていないと技術の進歩にどんどん追いつけなくなりそうです。

[自作機]データ置き場としての役割「オーディオ出力」

テレビ自作機をデータ置き場に…更に他の役割も今後は | 林檎で作ろう楽しもう
テレビ自作機をデータ置き場に…更に他の役割も[補足] | 林檎で作ろう楽しもう

先日、私がMacの補佐的な役割として使っている「自作パソコン」に、HDDを増設(iMacからの移設)したことを紹介しました。

HDDを増設し、Macで扱っているデータ全てのバックアップを取るための用途として使いはじめたところまでは、前回までに紹介しました。

さて、ここから、この自作パソコンが地味に活躍してくれて、私の楽しいMacライフを補助してくれるような役割はないかと考えていたところ…

iTunes×AQUOS×Audio

自作パソコンでも、Macと同じようにiTunesを使ってメディアファイルを“再生”することにしました。

iPhone, iPod, iPadの同期など、もちろん今までと同じようにMacのiTunesも使い続けます。

前回、増設したHDDはLAN内で共有をかけてあることを紹介したように、普段私が家で使っている幾つかのパソコンは、全てがLANを通して繋がっています。

自作パソコン(Windows Vista)のiTunesで「ホームシェアリング」の機能を有効にすることによって、MacのiTunesと自作パソコンのiTunesのライブラリの内容を同一の物にすることができるようになります。

iTunesの「ホームシェアリング」は、Apple IDを利用し、最大で5台までのパソコン同士でiTunes内のライブラリを共有することができる機能です。以前から、iTunesにはライブラリを共有する機能がついていましたが、その機能ではストリーミングによるメディアファイルの再生しか行うことができませんでした。
「ホームシェアリング」では、ストリーミングによる再生だけではなくて、ひとつのApple IDにより「ホームシェアリング」を有効にしたパソコンで、LANを通して、iTunes Storeで購入したアプリや楽曲を、ローカルのストレージにコピーしつつ共有することができます。

これをMacと自作パソコンの間で行うことによって、MacのiTunesライブラリの「バックアップ」も兼ねることができるようになりました。
初回にライブラリを複製・共有する場合は、MacのiTunesから全てのファイルをコピーする必要がありますが、それ以降はiTunes Storeで購入した物は全て自動的にiTunesが差分コピーを取ってくれます。
(しかし、ユーザー自信がCDよりインポートした楽曲ファイルは、自動的ではなく、手動で行う必要があるようです。)


自作パソコンは、昨年にBD-ROMドライブを増設した際に紹介したときのように、オーディオに音声出力ができるようにしています。(上の画像のテレビはAQUOSが来る前のものです)

アナログ音声出力/HDMI音声出力 の切り替え

普段、自作パソコンの音声はHDMIケーブルにより映像と一緒にAQUOSに出力しています。自作パソコンではDVDやBlu-ray Disc、その他にも様々な映像が見られるので、こうしておくと便利だからです。

でも、音楽の時はAQUOSに内蔵されているスピーカーでは物足りません。
オーディオにも音声が出力できるようになっているので、 iTunesを使う時は音声出力の設定を変更し、iTunesを起動したあと、AQUOSの電源は切ってしまいます。

iOS端末からRemoteでiTunesを操作

一度、iTunesを起動しておけば、iPadやiPhoneのアップル純正のアプリ「Remote(無料)」を使って、音楽を選んだり、再生・停止などの操作をしたりすることができるので、AQUOSの電源をOFFにした状態でも、オーディオの電源を入れておけば、音楽を聴くことができます。

iTSで購入した楽曲の音飛びが突然直った

私はiPhoneを使います。iPadやiPodも使います。なので、iTunesというソフトと、iTunes Storeというコンテンツのダウンロード販売サイトは、私にとっては必須のものです。
私は今年の4月3日に、iTunes Storeで 茅原実里のアルバム「Sing All Love」を購入しました。
これをダウロードして再生した際に、アルバムの6曲目に収録されている「Love Medicine*」の4分4秒目に、音が一瞬だけ途切れる部分があることがわかりました。CDの音飛びに似たような感じの途切れ方です。
再生する機器を変えても(iPhoneやiPad、Mac以外のパソコン)、音飛びは発生しました。
私はこの音飛びに気づいてから、すぐにiTunes Storeに楽曲の問題を問い合わせ、「Love Medicine*」を再ダウンロードしたいという旨を知らせました。
数日後、iTunes Store側からは、「Love Medicine*」の再ダウンロード権ではなくて、iTunes Store内のミュージックダウンロード権(1曲)を頂きました。この権利では、どんな曲でも1曲だけダウンロードすることができます。
この権利を使って「Love Medicine*」を再ダウンロードすることも可能だったのですが、これで「Love Medicine*」を再ダウンロードしても、全く同じ「音飛び」の現象が発生する気がしました。なぜなら、iTunes Storeからは「Love Medicine*」の再ダウンロード権ではなくて、ミュージックダウンロード権(1曲のみ)を提供されたからです。iTunes Storeの「Love Medicine*」自体に問題があるので、このような対応になったのだと判断しました。
このような判断をしたので、このダウンロード権は違う楽曲に使用しました。
「Love Medicine*」の音飛びは、我慢することにしました。
そして数日前、「Love Medicine*」の「音飛び」が消えていることに気づきました。
何度も聞き直しても、「Love Medicine*」の4分4秒の部分では、何の問題も発生しません。
私は、「Sing All Love」全曲のファイルの「作成日」を調べました。
すると、「Love Medicine*」のファイルだけ、作成日が4月3日ではなくて、7月30日になっていました。
その他の楽曲ファイルは、作成日が4月3日になっていました。
いつの間にか、「Love Medicine*」が自動的に再ダウンロードされていたのです。(iPhone/iPadアプリやPodcastの更新時に、自動的に再ダウンロードされたのでしょうか)
iTunes Store側が「Love Medicine*」に問題を見つけ、楽曲ファイルの修正を施し、自動的な再ダウンロードを行わせたのでしょうか。
このようなことがあることに、驚きました。iTunes Storeでダウンロードした曲で音飛びが発生すること自体が「ありえない」と今までは思っていたので。そして、それが自動的に修正されたことに驚きを感じました。
もちろん、「音飛び」が自動的に直ったことに対しては、大変うれしく思っています。
以上、いつも愛用しているiTunes Storeでの、驚いた出来事を、報告させて頂きました。