不安が起こるとき

ブログのタイトルに関して、本来なら自分だけの日記に書くような内容なのですが、SNSを通して気にかけてくださる方々(実際の知り合い、等々。けど、記事として起こしちゃうのは自意識過剰かな。)がいらっしゃったりといったことがあり、あえてブログの記事に書き起こしてしまうことにしました。

結論から言い出すと、私が現在、困っている「不安」は、「ひとりでいるとき」に起こるのではないかという考えに至りました。

私の「不安」は、細かくすると下記の内容が含まれます。

  • あまりにも「何もやる気がしない」と思うことが多すぎる(やりたいことなど、日々記録していたりするのに)
  • 「ひとりで寂しい」と思う時間帯がよくある(23時〜明け方まで)
  • ひとりで遊びに出かけると決めて、電車に乗ると不安になったり寂しくなったりする。

今の仕事では、仕事場にひとりきりになるときが多かったりします。
(お客もいない状態でのひとりきりというのも、もちろんある。)

実家暮らしのため、自宅には両親もおりますが、両親は今のところ「家で一緒に過ごすのが当たり前」の状態なので、両親がいるからといって不安が全く無くなるわけでもないのです。

それから、この歳になって、不安を両親に何とかしてもらおう‥‥という気は起きません。

ここのところ、一番気持ちが安定しているときは、仕事場で先輩と一緒に時間を過ごしているときか、スポーツクラブでレッスンを受けていたりするときくらいです。

仕事が終わるとスイッチが切れて「不安」になり、仕事で必要な勉強や、趣味などに手をつけたくても、不安が大きくて寝込んでしまっていたりするため、寝込んでしまっていたりします。

何かを決めるとき(「次に何をするか」とか「あるものが欲しいけどどこで買おうか」といったことなど)にも、判断にものすごく時間をかけます。

「自分に全く自信が無い」とか「自分を信じてあげられない」と言い換えられる状態なのかもしれません。

Twitterで、リプライではなくひとりごとが圧倒的に多いのも、こういったことが絡んでいるのかなと思います。

また、この「不安」は、時間帯によって強くなったり、また無くなったりするのが恐ろしい。

ですが、「不安」の要因の一つが思いつき、少し気持ちがスッキリしたような気がします。

結局、ものすごく「不安」ではありますが、好きなことに向かう時間を増やしたり、好きな人たちと会う時間を増やしたりして、もっと健康になりたいという、小さな指針ができました。

下記より、この「要因」が思いついたきっかけに至るまでの話を書きます。

Read more 不安が起こるとき

曲げたくない強いこだわり・裏表を使い分けたくない自分

「この歳にして語彙力が全くないなぁ‥‥」と思いながら、拙いながらも、記事を書きました。

前回の更新から、2ヶ月近く、また間が空いてしまいました。

ブログの更新をしない間も、特に問題なく普段の生活を送っていました。

私が学生ではなくなってから、今年の3月で3年が経ちます。
「たった3年間」だったのか「長かった3年間」なのかは、よくわかりませんが、大きな紆余曲折が2回ほどありました。(数ヶ月間の一人暮らしと転職)

Read more 曲げたくない強いこだわり・裏表を使い分けたくない自分

今度の春から、私は…

久しぶりの記事となります。

来年度(2012年度)から、社会人となります。
とある会社に就職することになりますが、今後の詳細については非公開とさせていただきます。

趣味がパソコン等をいじくることだったり、大学では情報系の専攻だったりしたので、 学生時代はネットを通しての活動が多かったかなと思います。その中でもTwitterは、身近な方を含め、今までに知らなかったたくさんの人を通して、人生における大切なことをたくさん知ることができたと思います。今後の人生において、それらは多いに役立てることができそうです。

このブログでは、私の趣味(前述のITに関すること)で内容が占めていますが、今日は私自身の内面について、少し記載したいと思います。

私は精神面で、圧倒的に他の人より弱いところがあります。
「他の人より弱い?根拠は?」
と、突っ込まれるところですが、答えとしては
「もし、とあることが無ければ、おそらく日常を正常に生きて行くことができていないであろう。」という状態に私はある、とだけ記載しておきます。

ハンドルネームとブログを分けて、新規にその事柄について綴っていき、自分を含め他の方達のお役に立てればとも思いましたが、ハンドルネームとブログをわけたとしても、結局は記載したものの責任は私自身にあるため、このブログで、今の心情について、ぼかしつつ触れさせていただきました。

結局、説明が長くなってしまいましたが、そんな状態でも、今後も自分らしくいるために、両親を含む大切な人たちに恩返しをするために、 生きていかなくてはいけません。

自分の性格をきちんと把握して、その中で上手に生活していったり、場合によっては自分自身のネックとなっているものを克服して、今後も自分らしく生きていきたいと、強く思っています。

4月からの生活の準備の中で、徐々にそのようにしているつもりではいますが、果たして今後、どんな生活になっていくんだろう。

2012年3月30日(金)になったばかりの午前0時半、牛乳を飲みながら。
秀々車輪