丸1年経たないうちに

前回の記事(2016/06/07)を書いてから丸1年経たないうちに、新しい記事を書いておこうと思います。

昨年の8月に、Nikon D5300を買いました。

かなり前からデジカメで撮った写真をPhotoshopを通して、最終的に印刷をして知り合いに配ったり‥‥といったことをやっていましたが、カメラにこだわったことはありませんでした。
初めての「デジタル一眼レフカメラ」を手に入れました。
きっかけはコスプレに手を付け始めたことが理由です。イベント等々、だいぶ参加させて頂いております。

レンズはとりあえず、標準レンズのみ‥‥
そのうち、時期が来たら、単焦点レンズと広角レンズが欲しいです。

そのかわりに、MacBook Pro (Mid 2014)を買ってから、使う回数が極端になくなってしまっていたため、iMac (Mid 2011)が旅立ちました(買取に出しました)。D5300の購入費用捻出のためでした。
あと、机の上に置きっぱなしで、宝の持ち腐れでしたので‥‥Nikon D5300
iMacは8GBのメモリを4枚積んで、合計32GBのメモリ容量にしていましたが、さすがにそのままの構成では買取に出さず、標準構成の4GBに戻してから、旅立ってもらいました。今までありがとう。

ThinkPad X220 メモリ16GB

その外したメモリのうち2枚を使って、2015年に買ったThinkPad X220のメモリを16GBにしました。

ブログの更新頻度にも表れていますが、あまりにも身体が重たくて、フットワークが重たいところを何とかしたいなと思っています。

MacBookのメモリを8GB…MAXに!!

私の愛機であるMacBook (Late 2008)のメインメモリを、2GBメモリモジュールの合計4GBから、4GBメモリモジュールの合計8GBに換装しました。

このMacについて(MacBook メモリ8GB)MacBook (Late 2008)(以下、MacBookと記述)は、2008年の10月に登場したモデルです。
当初のスペックでは、搭載できるメモリの容量は4GBまででした。
私はMacBookを購入した翌日(2009年2月に購入)に、メモリを4GBに換装して使っていました。
しかし、その後のファームウェアのアップデートにより、搭載できるメモリの容量が8GBまで拡張されました。

MacBookを購入してからすぐにメモリを換装した理由は、「メモリが安かった」からです。
そして今回、メモリを4GBから8GBに換装した理由も、「メモリが更に安くなっていた」からなのと、MacBookの搭載できるメモリの容量がファームウェアのアップデートによって増加したからです。

このMacBookはHDDも標準の250GBから、500GBへ交換してあります。(Boot CampのWindows 7 ベンチマーク計測)

※『随時、試してみたことを、このブログにて記録を載せていく予定です。』なんて書いておきながら、その後ほとんどBoot CampやVMware Fusionについて、このブログで触れていません。「最近になってやっと活用できるようになった」と言い訳をしつつ…改善したい所存でございます。

最近では、Boot CampでインストールしたWindows 7をVMware Fusionを利用して、Mac OS X上で仮想マシンとして利用したり、その他にも仮想マシンを新たに作成し、Linuxディストリビューションをインストールして試しています。これも、メモリの換装のきっかけです。

Macは、AppleがパソコンもOS(Mac OS X)も開発して、それらが一体となり、初めてMacとなる製品です。
ですが、最近のMacはWindowsも動かすことができます。Windowsを動かすということ以外にも、内部のアーキテクチャがWindowsのパソコンに近づいた(CPUがIntel製のものになった)おかげで、ソフトウェア面で、今までよりもたくさんのことを実現できるようになりました。 VMware FusionやParallels Desktopなどの仮想マシンが快適に動くようになったということは、「今までよりもたくさんのことを実現できるようになった」という原因の中で、かなり大きな重要度を占めていると思います。

私がMacを好きになった理由の一つは、Macの操作性(もしも、一番大事なところが、反対になっていたら… )ですが、このような汎用性の高い点も、もちろん気に入っています。 と、言いつつも今までは前述の注釈の状態だったのですが。

私はMacで、今までと変わらずに好きな作業をやりつづけ、更にMacの利点も生かして、Mac OS X以外のソフトウェアのリソースも利用すれば、今までよりももっと楽しいMacのある生活が送れるのではないかと、最近になって考えるようになりました。率直に言えば、Mac?OS Xでは使えないソフトを、Mac OS X以外のOSで利用したりして、もっと便利にMacを使うといったことです。

MacBookでWindows7とUbuntu現時点では、Windows向けの気に入っているフリーソフトをBoot CampのWindows 7にインストールして使いはじめたり、お気に入りのLinuxディストリビューションを決めたりしているところです。

Windows 7では仮想マシンで2GBのメモリを割り当てていましたが、メモリの換装をしてからは3GBの領域を割り当てる設定に変えました。ものすごく快適です。仮想マシンでWindows 7が動いていることを忘れてしまう感覚になることもできるくらいになりました。

上のスクリーンショットのように、いくつかの仮想マシンを同時に動かすのも快適です。

お気に入りのLinuxディストリビューションが見つかったり、Mac OS Xとの上手な組み合わせ方法を見つけることができたりしたときには、すぐに、このブログで公開します。