ThinkPad X220 ベンチマーク

先日に購入した、ThinkPad X220のベンチマークを、「Crystal Mark 2004R3」にて計測してみました。

ThinkPad X220 (Windows 10 x64) CrystalMark 2004R3

このベンチマークソフトは、Windows XPの時代より個人的に愛用しているので、過去のパソコンとの性能の比較がしやすいので、今でも使っています。

比較対象に、他の2つのマシンでのベンチマーク結果のスクリーンショットを掲載します。 Read more ThinkPad X220 ベンチマーク

中古のThinkPad X220を購入

いつの間にか、2015年の9月も終わってしまいました。
転職をしてから、私が一生つきあっていく問題が発覚したり、会社での勤務時間が(禁則事項…お察しください)などなど、色々な経験をしておりました。
このように過ごしているうちに、社会に対する妙な自信がついてきたかもしれないと感じています。

ThinkPad X220

さて、9月の中旬に、Lenovo ThinkPad X220を購入してしまいました。中古品です。
私は現在、希に都内の職場へ応援に行くことがあります。
都内へ仕事をしに行った帰り、秋葉原へ立ち寄りました。

中古の商品を主に扱っているとあるお店で、この「ThinkPad X220」が展示されているのを眺めていました。

Read more 中古のThinkPad X220を購入

私のiMacが、白から銀へ。

iMac (Mid 2011) 21.5inch

今月初旬に、iMac (Mid 2011)の21.5inchモデルを手に入れました。

Core i5 2.7GHz、メモリ 12GB(標準搭載容量より増加している件は後述)、AMD Radeon HD 6770M 512MB、1TB HDDの構成です。

今まで使っていたiMac (Late 2006) 20inchモデルに現役を退いて頂き、iMac (Late 2006)が置いてあった場所に、iMac (Mid 2011)を置きました。

HDDを流用

iMac (Mid 2011)の内蔵HDDは1TBあります。
私はMac OS Xの機能「Time Machine」を使ってMac内のデータのバックアップを取っているので、新しい外付けHDDも必要になりました…が、今はタイの洪水の影響で、HDDの価格が高騰しています。
それと、HDDばかり増えると管理が大変になるので、今回はHDDを流用して、Time MachineでのバックアップのHDDを捻出することにしました。
数ヶ月前に自作のWindowsパソコンをファイル置き場として使おうと決めた際に取り付けた、2TBのHDDを、今回新たに購入した外付けHDDケースに入れなおして使っています。

 

GW3.5AA-SUP

外付けのケースは、玄人志向のGW3.5AA-SUP(クロムシルバー)を選びました。
接続先の機器との電源に連動して動作したり、HDDのアクセスが無いときには自動的に省電力モードに入ったりと、コンピュータをしばらく使わない間はスリープではなくてシャットダウンを利用する私にとってはぴったりのケースです。

私はRAID1の外付けHDDでプライベートなデータを保管していて、それを自作パソコンの方でもバックアップしていましたが、今回からは、そのRAID1の環境も、この新しい外付けHDDで取ることにして、自作パソコンにおけるファイル置き場の役目を軽くしました。(パーティションを切って1TBの領域を2つ用意しました。)

iMac (Mid 2011)を購入したパソコン専門店では、独自にメモリを追加しつつ、価格を若干抑える方法でMacを販売していて、このiMac (Mid 2011)は標準搭載のメモリ 2GB2枚 合計4GBに加えて、4GB2枚 合計12GBのメモリ構成となっています。

Read more 私のiMacが、白から銀へ。