丸1年経たないうちに

前回の記事(2016/06/07)を書いてから丸1年経たないうちに、新しい記事を書いておこうと思います。

昨年の8月に、Nikon D5300を買いました。

かなり前からデジカメで撮った写真をPhotoshopを通して、最終的に印刷をして知り合いに配ったり‥‥といったことをやっていましたが、カメラにこだわったことはありませんでした。
初めての「デジタル一眼レフカメラ」を手に入れました。
きっかけはコスプレに手を付け始めたことが理由です。イベント等々、だいぶ参加させて頂いております。

レンズはとりあえず、標準レンズのみ‥‥
そのうち、時期が来たら、単焦点レンズと広角レンズが欲しいです。

そのかわりに、MacBook Pro (Mid 2014)を買ってから、使う回数が極端になくなってしまっていたため、iMac (Mid 2011)が旅立ちました(買取に出しました)。D5300の購入費用捻出のためでした。
あと、机の上に置きっぱなしで、宝の持ち腐れでしたので‥‥Nikon D5300
iMacは8GBのメモリを4枚積んで、合計32GBのメモリ容量にしていましたが、さすがにそのままの構成では買取に出さず、標準構成の4GBに戻してから、旅立ってもらいました。今までありがとう。

ThinkPad X220 メモリ16GB

その外したメモリのうち2枚を使って、2015年に買ったThinkPad X220のメモリを16GBにしました。

ブログの更新頻度にも表れていますが、あまりにも身体が重たくて、フットワークが重たいところを何とかしたいなと思っています。

MacBook Proのセカンドディスプレイ

7月末に手に入れたMacBook Pro(Mid 2014)、今では私にとって一番使う時間の長いパソコン(Mac)となっています。

ちなみに、写真中のiMac(Mid 2011)も、もちろん、バリバリ現役で使っています。

iPhone 6 Plusを手に入れた日の2週間くらい前のことなのですが、
MacBook Pro(Mid 2014)に、新たに液晶ディスプレイをつなげ、「デュアルディスプレイ」の環境を作りました。

LG 22MP65VQ-Pを含む全体像

iMac(Mid 2011)の左側にあるディスプレイです。
LG電子 22MP65VQ-P(21.5インチ・フルHD解像度のディスプレイ)を購入しました。

近くのパソコン専門店で、1万5千円しない程の価格で購入しました。(きちんとした新品です)

机の右側に、
テレビ録画やBDの録画・再生を行うための映像再生専用PC、もとい自作パソコン(Phenom II X6)があり、
それで使っているディスプレイ(I-O DATA LCD-MF221XBR)も、iMac(Mid 2011)の右側に設置してあります。

22MP65VQ-Pは、MacBook ProからはThunderbolt端子からDVI端子へのアダプタを使って接続しています。
MacBook Proには、Thunderbolt端子が2つありますし、HDMI端子も内蔵されているので、その気になれば、右側にあるもI-O DATAのディスプレイも使えば「トリプルディスプレイ」が実現できます。

ただ、そこまで広い画面の領域を欲しく思うことは、まだないのですが。
もちろん実際に接続して試用はしてみました。現状では、さすがに広すぎました。

接続端子の切り替えが面倒に感じていたこともあり、I-O DATAのディスプレイはWindows専用にしようと考えています。

LG電子 22MP65VQ-P

I-O DATAの液晶ディスプレイは、5年くらい前に2万円を超える価格で購入しました。
22MP65VQ-Pは、5年前では少なくとも数万円は出さないと買うことのできなかったIPSパネルの液晶ディスプレイ(私のiMacやMacBook ProもIPS液晶)です。
それが今では1万円台で手に入るようになりました。

発色がとてもきれいで、非常に見やすいです。
MacBook Pro(Mid 2014)の高精細なRetinaディスプレイの補助として、とても良い描画をしてくれます。

※映像の表現は、ブログや写真だけでは難しいことに気づきました‥‥。

Read more MacBook Proのセカンドディスプレイ

その2 Boot Camp の場合 (Windows 8 Pro with Media Center の Windows 8.1 へのアップグレードについて)

先日、私の ThinkPad Edge E520 (以下、ThinkPad)の Windows 8 Pro with Media Center を、Windows 8.1 Pro with Media Center へアップグレードした話の続きを報告します。

参考:Windows 8 Pro with Media Center の Windows 8.1 へのアップグレードについて | 林檎で作ろう楽しもう

私は、iMac (Mid 2011) (以下、iMac) でも、Boot Camp を通して Windows 8 Pro を使っていました

参考:夏から冬へタイムスリップ WindowsやiPod touch 5Gなど… | 林檎で作ろう楽しもう

iMac の Windows 8 Pro も、無料キャンペーンが行われていた期間に、「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクトキーを入手していました。

しかし、iMacの方も、何度か Windows 8 Pro の再インストールを行っていて、その過程で「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクトキーが未適用の状態になっていました。

今日、iMac の Windows 8 Pro も、先日紹介した ThinkPad と同じように、Windows 8 Pro に「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクトキーを入力・適用させ、「Windows 8.1 Pro with Media Center」へ、Windows Store 経由でアップグレードを行いました。

iMac でのアップグレードでも、前述の通り「Windows 8 Media Center Pack」を適用させていなかったため、Windows Store にて、先日の ThinkPad でのアップグレードと同様の現象が発生しました。

前回と同様の対処を施し、

  • Windows 8 の画面左下 (スタート画面をマウスのクリックで呼び出せる箇所) で右クリック
  • ファイル名を指定して実行 をクリック
  • 名前に「WSReset.exe」と入力、OK をクリック。
  • Windows 8 を再起動

無事に、iMac の Windows 8 Pro を、Windows 8.1 Pro へアップグレードすることができました。

以上、iMac の Boot Camp における Windows 8 から Windows 8.1 へのアップグレードの取り急ぎの報告でした。

[ベンチマーク]SSD交換後のMacBook (Late 2008) vs iMac (Mid 2011)

先月の大晦日に、MacBook (Late 2008)のHDDを、SSDヘ交換しました。(SSD 120GB メモリ 8GB)
それから更に数週間前には、現行型のiMac (Mid 2011)を使い始めました。(HDD 1TB メモリ 16GB)

これら2つのマシンで、Mac App Storeにある無料アプリ「NovaBench」を走らせてベンチマークを計測しました。
その結果(スクリーンショット)を載せたいと思います。

Read more [ベンチマーク]SSD交換後のMacBook (Late 2008) vs iMac (Mid 2011)