Apple Watchを1週間以上使ってみて‥‥

Apple Watch (Due)

 

Apple Watch SPORT (ブルースポーツバンド 42mm)が届いてから、10日以上が経過しました。

結論からはいると、「とても便利で役に立つ」ものとなっています。
もう、これが無かったら非常に困ってしまいます。

「依存している」と言われてしまっても仕方がないくらいですが、それとは反対に「楽しい」部分もできました。

Read more Apple Watchを1週間以上使ってみて‥‥

謹賀新年2015 & MacBook (Late 2008)のSSDをHDDへ

2015年になりました。

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

…早速ですが、
Crucial MX100シリーズの512GBのSSDを入れていた、MacBook (Late 2008)(以下、MacBook)ですが、このSSDを、東芝製 2.5インチHDDの MQ01ABD100(1TB 5400rpm)へ交換しました。

東芝 2.5インチHDDのMQ01ABD100(1TB 5400rpm)

理由は、MacBookでBoot Campを通してWindowsを使うことを諦めきれなかったためです。

数ヶ月前の記事にもありますが、このSSDでは、Boot Campを使うと、OS Xの起動が、やがて出来なくなるという不具合が起こっていました。

最初はWindows 8.1 64bit版を使っていましたが、試しにWindows 7 32bit版でも試したところ、同じ症状が起こりました。

「おそらく、このSSDと、Boot Campの機能の相性なのでは‥‥」というのが、現状の私の結論です。

現在、MacBookは、仕事場に持ち込んで使うことも多くなりました。
(仕事場で私物のパソコンを使うことは禁止されていないので)

私物を上手く使うことで、仕事の作業効率が上がったりするような環境で現在、働いております。
そこで、OS XとWindowsの両方が使えると非常に重宝するのです。

SSDを更に別の製品へ変えることも考えましたが、「もしかしたら1TBの大きな容量のHDDなら、SSDと互角の速度は実現しなくとも、実用には耐えうる速度は出るのではないか」と思い、「SSDからHDDへ戻る」という行為に至りました(まぁ、「戻る」とは言っても、容量のみを考えれば「アップグレード」になるのですが)。SSDよりもHDDの方が、価格としては圧倒的に安いので。

SSD(Crucial MX100)をHDDへ交換し、OS Xの環境を復元すると、やはり起動などの速度は低下しました。
ただ、3分程度、OS Xの起動を待っていれば、Macの機能は普通にストレスなく使えます。もちろん、MacBook Pro (Mid 2014)には敵いませんが。

けれども、許容範囲の操作性です。

その後、一旦作業を中断し、また再開するような事態があれば、MacBookをスリープさせればいいかな‥‥と。そうすればシャットダウン→起動の時間を、再度、気にすることもありません。

OS XとWindowsの領域の割り当てについてですが、どちらのOSも、およそ500GBほどのところで区切っております。
Windowsは「Windows 7 32bit」を選びましたが、正直なところ、現状ではOS Xよりも起動が速いです。

HDDのパーティションの区切り方に、実際に必要な容量(どちらのOSも、私の場合多くても250GBくらい)よりも多く割り当てることができているため、HDDとしても動作に余裕があるのではと思います。

その2 Boot Camp の場合 (Windows 8 Pro with Media Center の Windows 8.1 へのアップグレードについて)

先日、私の ThinkPad Edge E520 (以下、ThinkPad)の Windows 8 Pro with Media Center を、Windows 8.1 Pro with Media Center へアップグレードした話の続きを報告します。

参考:Windows 8 Pro with Media Center の Windows 8.1 へのアップグレードについて | 林檎で作ろう楽しもう

私は、iMac (Mid 2011) (以下、iMac) でも、Boot Camp を通して Windows 8 Pro を使っていました

参考:夏から冬へタイムスリップ WindowsやiPod touch 5Gなど… | 林檎で作ろう楽しもう

iMac の Windows 8 Pro も、無料キャンペーンが行われていた期間に、「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクトキーを入手していました。

しかし、iMacの方も、何度か Windows 8 Pro の再インストールを行っていて、その過程で「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクトキーが未適用の状態になっていました。

今日、iMac の Windows 8 Pro も、先日紹介した ThinkPad と同じように、Windows 8 Pro に「Windows 8 Media Center Pack」のプロダクトキーを入力・適用させ、「Windows 8.1 Pro with Media Center」へ、Windows Store 経由でアップグレードを行いました。

iMac でのアップグレードでも、前述の通り「Windows 8 Media Center Pack」を適用させていなかったため、Windows Store にて、先日の ThinkPad でのアップグレードと同様の現象が発生しました。

前回と同様の対処を施し、

  • Windows 8 の画面左下 (スタート画面をマウスのクリックで呼び出せる箇所) で右クリック
  • ファイル名を指定して実行 をクリック
  • 名前に「WSReset.exe」と入力、OK をクリック。
  • Windows 8 を再起動

無事に、iMac の Windows 8 Pro を、Windows 8.1 Pro へアップグレードすることができました。

以上、iMac の Boot Camp における Windows 8 から Windows 8.1 へのアップグレードの取り急ぎの報告でした。

Lionの初・再インストールの記録

「初」なのに「再」。変なタイトルです。

今日は、大学で使うファイル(Keynoteのスライド)を、自宅でMacBook (Late 2008)を使って作っていました。

しかし、Keynoteの動作が遅く、なかなか作業が進みませんでした。

具体的に症状を書くと…
キーボードからの文字入力や、トラックパッドによる画像の挿入、サイズ変更の操作がワンテンポ、ツーテンポ遅れたり、スクロールが引っかかったり。

ファイルをiMac (Late 2006)に移動して、そちらで作業をしてみると、何の問題もなく快適に作業が進みました。

他のiWorkのアプリケーションでも症状は同じで、動作が重たいことを確認しました。

Mac OS Xのメンテナンス作業としてお馴染みのディスクユーティリティによるアクセス権の修復や、各種キャッシュのクリア等を試してみましたが、症状は改善しませんでした。
それ以上、原因を探ることが面倒になったので、OS X Lionの再インストールを行うことにしました。

今回のOS X Lionの再インストール手順は

  1. Time MachineでMacBookの最新のバックアップが取れていることを確認
  2. Recovery HDからMacBookをブートし、ディスクユーティリティにより内蔵HDDをフォーマット、続いてOS X Lionのクリーンインストール
  3. クリーンインストール後、Time Machineのバックアップから設定、アプリケーション、自分のファイル等を復元

OS X 10.5 Leopard以降、同様の操作でOSの再インストールを行ったことは何度かあります。
(リンク先の記事では、Mac OS Xで初めての再インストールの経験だったので、Time Machineを信用できずに”念のため”手動で内蔵HDDのバックアップを取っていました)

今日の再インストールにかかった時間は、クリーンインストールからTime Machineのバックアップによる環境復元までを含めて、3時間弱です。

この「環境復元」の速さを信用し、今日はOSの再インストールを実行しました。

再インストールを行った結果、iWorkのレスポンスは改善することができました。
更に、他のアプリケーションでの文字入力のレスポンス、Mission Controlなどのアニメーション、OS X Lionの起動速度なども良くなりました。

…ということは、私が今までMacBookで使っていたLionは、本来のパフォーマンスを発揮していなかったということになります。

さて、今回は「Recovery HD」からOSのクリーンインストールを行いました。
上記のリンク先にもある、Time Machineよる環境復元の簡単さ、速さ、正確さには以前から何度も助けられているのですが、今日は「Recovery HD」に感動しました。

「Recovery HD」はOS X LionがプリインストールされているMacと、OS X Snow LeopardからMac App Store経由でOS X LionにアップグレードしたマシンのHDDにある、名前のとおりの「リカバリ用領域」です。OSのインストールの他にも、ディスクユーティリティやTime Machineよる内蔵HDD全体のリストアの機能などをここから呼び出すことができます。

ここからOSのクリーンインストールを行う際は、まずディスクユーティリティでHDDをフォーマットし、インストールの作業を進めます。
その際、Apple IDの入力を求められ、OS X Lion購入時に利用したApple IDとパスワードを入力します。
使用許諾書に同意した後にインターネット経由でOS X Lionがダウンロードされ、インストールが始まります。

※私が調べた限りでは、「Recovery HD」にOS X Lionをインストールするための全てのデータは無く、インストールの際はインターネットへの接続が必須とのことです。

OSのインストールが終わると初期設定の画面が表示されます。今回の場合はそこからTime Machineのバックアップを呼び出し、環境を復元させました。
OS X Snow Leopard以前では、OSの再インストール、環境復元の後、OSのアップデートをかける必要がありましたが、OS X Lionではインストール時にアップデートが適用されている最新のOSがインストールされるようで、アップデートを手動でかける必要がなくなっていました。

OSをMac App Store経由でダウンロードし直す必要はありますが、それでもインストールにかかる時間は1時間もかからず、とても速く感じました。

最終的に全部の作業が終了するまでは、OS X Leopardのときと同様に、3時間弱。ですが、OS X Snow Leopardのときはここからアップデートの作業が残っていました。

今日はこの「アップデートの作業が省かれる」という部分に感動しました。
感動しただけで根本的な問題の解決(何が原因だったのか)には至っていないのですが…。

長時間メンテナンスをして原因を探り、ますます環境を壊してしまうよりは、このように素早くOSを入れ直してしまった方が、スムーズな解決方法なのかもしれません。その手軽さが、手放せません。