どうしても僕に必要なのは、落ち着ける場所

投稿者: | 2015年6月5日

現職に転職してから、もうすぐ1年が経過します。

1年前の私の部屋と、今現在の私の部屋。
Mac・パソコンから、テレビ周りが、大きく変わったことに気づきました。

Mac・パソコン・テレビ・AV環境

MacBook Pro購入後、数ヶ月にわたって、テレビが20インチ(シャープ?LC-20DZ3)から32インチのフルHD対応のもの(ソニー?KDL-32W700B)になったり、それにBDレコーダー(ソニー?BDZ-EW1200)がついたり‥‥

特に深く考えずに、ひとつずつ機材を揃えていったのですが、自室にあるひとつのイスに座っているだけで、落ち着いた気持ちでMacに向かったり、好きなテレビ番組やビデオなどを楽しめる環境になりました。

現職は、急な予定変更が生じたりなどといった「イレギュラー」なことが多い仕事です。
ありがたいことに、身近な周りの方々の支えもあり、何とかこなせています。
けれども、非常に精神面と体力を消耗してしまいます。

また、今年度は学生でなくなってから4年目。
今年の3月に、改善を重ねてもどうにもできない違和感を感じ、診てもらったところ、「ADHDの傾向があり、アスペルガー症候群も若干入っている」という診断をいただきました。
(様々な意見がある事柄のため、用語については割愛します。検索などで幾つかの情報を見てみてください。)
Apple Watchを手に入れたのも、それがきっかけのひとつです。

だからといって、その診断を言い訳に使ったりなどといったことは一切するつもりはないのですが。
ただ、それなりの工夫や試行錯誤は必要です。

この自室の環境では、イレギュラーなことなどは一切発生しないため、ストイックにやりたいことに集中できます。また、画面も見やすく、とても便利。

仕事場(というより職種)も、こんな環境であったらな‥‥と、本当は思います。
けれども、そういった条件は非常に難しいので、心の拠り所として、自宅の環境を整えることを方法の1つとして行うことは、予算が許す限り、実際にやってみると、結果として良い方向に向くのかなと思います。

ここで好きなことをして、ガス抜きをして、また出勤をしています。
疲れ切っているときも、ここに座ると少し気持ちが変わります。

次は、ここに座った際、目に入る範囲で、勉強などで、よく使う本を置ける場所を作りたいなと思っています。

 

どうしても僕に必要なのは、落ち着ける場所」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 中古のThinkPad X220を購入 | 林檎で作ろう楽しもう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください