SONY Xperia Ear Duoと憧れのお方の声を手に入れました

SAO × Xperia Ear Duo コラボレーション スペシャルパッケージセット

ソニーの「Xperia Ear Duo (XEA20)」を、オンラインの「ソニーストア」で手に入れました。

ひとことでいえば、これはヘッドホンやイヤホンの類いで、最近はやりのBluetoothによるワイヤレスのもので、アップルの製品に例えれば「AirPods」に近い感じがあります。

「AirPods」は個人的に、音質がiPhoneに付属しているイヤホンと全く同じと感じた製品なので、特に欲しいと思っていません。

このブログで紹介したことはありませんが、アップル傘下・Beats社の「BeatsX」は使っていたりします。

普段は昨年に購入した、同じくソニーの「MDR-1000X」や前述の「BeatsX」などを使っていますが、遮音性が高いため、自宅でゆっくり休んでお茶を飲んだりするときなどには、一旦取り外してしまいます。

こういった類いのヘッドホン・イヤホンを取り外して、自宅について落ち着いていると、いつの間にか寝落ちしてしまったり…。

時間を無駄にしてしまい、後悔する日々が続いていました。

寝落ちしたときはApple Watchの振動すら気づきません‥‥

その対策に使おうと考えたのが、今回の製品です。

出先で音楽を聴いていたりするあいだに、途中で今回のXperia Ear Duoに付け替えて、音楽を聴き続けたり、音楽は聴かなくとも、耳に付けっぱなしにしておきます。

ヘッドホンやイヤホンは、環境音をカットするノイズキャンセリング機能が無くとも、構造上、遮音性を持っている(外音を遮ってしまう)のがよくある形状ですが、Xperia Ear Duoは、その逆で、サウンドを聴きながらでも周りの音が確認できる形状になっているのが大きな特徴です。

これを家でもつけっぱなしにしておいて、適当な時間にリマインダーやアラームを耳元で鳴らせば、寝落ち防止になると思いました。

普段使っているiPhoneでも使うことが出来ます。

今回、具体的に買った製品は、「SAO × Xperia Ear Duo コラボレーション スペシャルパッケージセット」でした。

箱が現在放映されている「ソードアート・オンライン アリシゼーション」に搭乗するアスナ(結城明日菜)の絵柄が描いてある仕様になっていて、ソニーストアで購入すると、コラボのための描き下ろしのイラストがはいったポストカードが付属しています。

また、赤いコラボモデルだけの収納ケースと、リングサポーター(耳の穴の近くで音の流れを整える、所謂イヤーパッドのようなもの)と、1500円分のGoogle Playカードが付属しているのが、通常の製品との違いです。

Google Playで、アシスト用の音声として上記キャラクターのアスナが選べるようになるアプリが販売されています。(Google Playが付属しているのは、そのため)

ここまで「Google Play」という用語を並び立てていますが、このアスナの声は、iPhoneでは使うことができません…。

(開発上の制限が大きな理由だと思うので、全然良いと思っている)

そのため、アスナの声を有効にするために「SONY Xperia XZ docomo版」のSIMフリー化されているスマートフォン(中古)も用意してしまいました。

前に購入したウォークマンの2台目としても使えるので、良いかなと思っています。

最後に結論となりますが、上記キャラクターのアスナが声でアシストしてくれるというのが、今回の購入のきっかけの、本当の理由です‥‥。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください